女性向け週刊誌

かつて、(失礼ながら)女性向け週刊誌と言えば、低俗で読むに値しない、記事内容なんぞいい加減で事実かどうか信頼性は極めて低い。そんな印象を抱いていた人が少なくなかったのではないか。

今や、大手マスゴミは堕落しまくり、忖度やしがらみのない女性向け週刊誌の方が、よほどまともな記事を出すようになった。先日、当ブログでも取り上げたゴミ売記事、さすがにツイッターなどでも批判の声が大きく、それをまともな視点から取り上げている。

 

 

 さらに、

 

 

 

国民からの批判の声に対して「ケチをつけるな」という二階の暴言もきちんと批判している。政治家、権力者は批判されて当たり前。憲法が定める言論の自由は、国家権力にこそ向けられるべき。そんなことは中学生でも習うような当たり前の話である。

 
批判の声を「ケチをつけるな」として逆批判。この老害は早く政界から葬り去らねばならぬ。
大手新聞より女性週刊誌がまともな記事を出す、まさかこんな時代が来るとは想定外であった。