この内閣改造は正真正銘在庫一掃セール&一度隠れてほとぼり冷めて出て来た指名手配犯

まるこ姫の独り言 2019/9/11

この内閣改造、今までどうしても閣僚に入れなかった議員と、過去、不祥事を起こして表舞台から去ったかに見せかけて、どさくさに紛れて復活した両極端になった感じが、どうしてもしてしまう。


それだけではどうしようもないので、目玉として客寄せパンダの進次郎を入れて、いかにも仕事をやっているかのような華やかなところを見せたかったか。進次郎が登場するだけで、メディアがこぞって持ち上げてそれ一色になることを政権は良く知っている。

進次郎ネタで、他の閣僚への疑惑を隠すことができる事を考えての進次郎人選に見えて仕方がない。

最多初入閣「お友達ねぎらい内閣」と批判も              9/11(水) 12:14配信 日テレNEWS24


>安倍首相は11日、内閣改造と自民党の役員人事を行う。政権の骨格は維持する一方で、小泉進次郎議員を環境相に起用するなど政権発足以来、最多の13人を初入閣させる。

>しかし、安倍首相に近い議員の登用が目立ち党内から「お友達ねぎらい内閣」との批判や「入閣待機議員の在庫一掃だ」という声も出ている。安倍首相は「安定と挑戦」を掲げており、38歳と若く、知名度の高い小泉氏を「挑戦」の象徴として内閣のイメージアップをはかる狙いもありそうだ。


まさに在庫一掃セールだ。都議選が終わったら会見をやると言った下村は未だに会見もせず、URへの口利きをして大臣室で現金授受、会見を開き、調査結果をしかるべきタイミングで公表すると言いながら大臣は辞任したものの、突如睡眠障害に掛かり入院をして、調査結果の公表はうやむやのままだった甘利。

最近、やたら目立ちたがるツィートをすると思っていたら、要職への道が開けていたからか。忘れやすい国民は、過去の事を忘れていると思って、そろそろほとぼりが冷めたかと思っての人事かもしれない。忘れていない人もいるけどね(笑)

そして安倍気持ち悪いくらい安倍首相を持ち上げて来た腰ぎんちゃく西村、そして加計学園関係者の萩生田もポストに論功行賞で押し込んだし、停波発言の高市も復活させたし、あとは能無しではあるが、一応は大臣就任条件を満たしている待機組の在庫を一掃を考えないとな。てな感じかな?(笑)

あれ、三原じゅん子は? どうなった?あれだけゴマすり、ヨイショして持ち上げて来たのに。あんなに頑張ったのに、いかにも入閣か?と言うリークは、ガセネタだったか。しかしあの重婚騒動、セクハラ発言の菅原一秀が、いけしゃあしゃあと表舞台に出てくるようでは、世も末だな。

藤晟一も危険人物だし。この人もすぐに馬脚を現すだろうけど、腐臭漂う恥知らず内閣だというのだけはよくわかった。安倍政権は本当に国民を馬鹿にしているし、まともな人材がいないことがよくわかる。まさか、甘利や下村が復活して、テレビを騒がした菅原が表舞台に出て来られるとは。

やっぱり加計問題で話題をさらった萩生田の重用、ゴマすりで名高い西村も追随は、このお友達政権の特徴だ。