真実の報道神秘

権力の『おかしな政策』におかしいと報道しない日本で、一人でも『おかしい』と声を上げ、真実を追求して行きます。

2020年05月

持続化給付金受託法人の代表理事が辞職・・・トンネル会社疑惑の中、さらに広がる持続化給付金事業の闇!!

 くろねこの短語 2020/5/31

コロナ禍に苦しむ中小企業を支援するための持続化給付金の給付業務を請け負う一般社団法人「サービスデザイン推進協議会」が、ひょっとしたら給付金の中抜きを狙った“トンネル会社”じゃないのかということは28日のエントリーで紹介した。電通やパソナがその設立に関わっていることから、税金を食い物にする「電通案件」なんて言葉までネットでは流布されている。

 
そんな疑惑は、どうやら当たらずといえども遠からずだったようで、サービスデザイン推進協議会は委託された業務のほぼすべてをそのまま電通に再委託していたことが発覚。何もしないで20億円の仲介料を手にするたというからこんなおいしい話はない。

 
でも、そうなると電通の立ち位置ってのが大いに問題なんだね。ようするに、760億円という委託料でまずは自らが設立に関わった社団法人が請け負い、そこから下請けに回すようにして電通そのものに業務を740億円で再委託するという不可思議な構図になっているんだね。

 
当然、740億円で再委託された電通はそこからも何らかの利益を受け取るわけで、なんでこんなトリッキーなことする必要があったのか。ここからは、妄想なんだけど、サービスデザイン推進協議会が手にする20億円ってのは、政治家へと還流されてるんじゃないのかねえ。公共事業で税金を中抜きする典型的な手口にしか見えないのだけれど・・・。

 
そんな妄想してたら、なんとサービスデザイン推進協議会の代表理事が突然辞職しましたとさ。本人は「任期満了」としか説明してないんだけど、まるで沈む船から逃げるネズミみたいなんだよね。

 
持続化給付金にまつわる闇がまたひとつ広がったようで、ひょっとすると初老の小学生・ペテン総理にとっては新たな疑獄事件に発展するかもしれない・・・なんて妄想すると心躍ってしまうダービーの朝である。


持続化給付金の受託法人、代表理事が辞職へ

給付金業務「関わっていない」 笠原英一代表理事、1問1答

バカの国のバカ政府(14)

現政権は、何をやってもやらせても、いかがわしいことばっかり。まともに仕事をすること、業務遂行することはないのかと思える。

 

今度はトンネル会社(幽霊法人)に20億円くれてやったというニュース。それにしても、電通の絡むスキャンダルはマスゴミにとって、最も苦手な件だったはず。朝日新聞、頑張ったと褒めておこう。

 

https://www.asahi.com/articles/ASN5Y6R35N5YULFA00P.html

 
政府の緊急経済対策の柱となる事業で、手続き業務全体が769億円で民間団体に委託されていたことがわかった。この団体は業務の大部分を、大手広告会社の電通に749億円で再委託していた。経産省や団体、電通は詳しい経緯や金額の根拠などについて公表していない。

 

この20億円は、結局のところ誰の手に渡るのか。税金まともに払うのは本当にバカらしくなる。




命が掛かっているコロナ対策で緊張感を持って施策を進めていると思ったが、相も変わらず利権の構図は変わらない。このコロナの火事場でもコロナ予算まで食い物にする輩が居る。

山本太郎が「竹中、とんでもない」と叫んでいたが、その竹中会長のパソナが設立した、極めて怪しい一般社団法人「サービスデザイン推進協議会」に業務委託されていた。ここには769億円で業務委託されていた。

構図は以下の図である。この得体の知れないサービスデザイン推進協会なるものが769億円で受けた業務委託を、協会に20億円を残して、749億円でそっくり業務を電通に丸投げしている。

電通.jpg

こんな大きな話を官僚が自分の判断で出来ない。その裏にはアベと竹中、電通の間で話がついていると思っている。アベになってからこんな話ばかりである。必ず裏で仲間内で利権が動いている。もうこんなことをやっても、「やましい」、「罪」であるというような感覚が全く無くなってしまっている。アベマスク然り。これはアベを権力から降りてもらわないと、善良に必死で生きて生活している庶民は死ぬしかない。

給付遅れるコロナ「持続化給付金」 769億円で受託した法人の不透明な実態
https://www.tokyo-np.co.jp/article/31661?rct=economics
2020年5月28日 08時01分
 
新型コロナウイルスの影響で売り上げが半減した中小企業などに最大二百万円を給付する政府の持続化給付金で、給付遅れが相次いでいる。実際の給付作業は、大手広告会社の電通や人材派遣会社のパソナが設立した一般社団法人「サービスデザイン推進協議会」に業務委託されている。

約二兆三千億円の給付用資金を扱い、国から七百六十九億円の委託料が払われているが同法人は給付遅れに「回答を差し控える」とコメント拒否。実質的な運営形態も開示しておらず公共事業として不透明な面が目立つ。 (桐山純平)
 
経済産業省中小企業庁は持続化給付金の申請から支給までの期間を「二週間」と示している。東京都大田区のダンス講師女性は申請初日の五月一日に手続きしたが、給付まで三週間以上待たされた。「申請から二週間たって書類不備のメールが突然来た。どんな審査をしているのか」と憤る。
 
都内の顧客企業が多い温井徳子税理士も「大型連休明けに申請し、まだ入金されない企業も多く、みな月末間近で困っている」と話す。

アベノマスク我が家にも、森三中の黒沢のコロナ感染の顛末を語る大島

まるこ姫の独り言 2020/5/30

アベノマスク、我が家にも29日金曜日に来た。やっぱり、ネットで画像が流れていたがその通りのアベノマスクだった。開封したい誘惑にかられたが、無事、30日の朝6時過ぎに、犬の散歩コース中にあるポストに受け取り拒否と書いて投函。これでようやく肩の荷が下りた(笑)


今日、「サワコの朝」と言う番組を見たら、森三中の、大島が出ていて黒沢がコロナに感染した顛末を語っていた。黒沢に陽性反応が出て、大島と村上は一番の濃厚接触者と言う事で、2週間の自宅待機を命じられたそうだが、濃厚接触者にかかわらずPCR検査は受けなかったそうだ。多分行政側が必要なしとしたのだろう。外国でそんな国があるのだろうか。


ここでものすごい疑問がわく。黒沢の一番身近にいた存在のこの二人にどうしてPCR検査をしなかったのか。濃厚接触者には何をさておいても検査をするのが常識だと思う。検査をしないから、この二人が陽性なのか陰性なのか、皆目見当がつかず、だから自宅待機となり家族に大きなしわ寄せが行くことになる。


検査をして陽性と出れば隔離をし、陰性と出れば何も2週間も自宅待機をする必要はなかったと思う。PCR検査の精度が良くないと言う人がいるが、その日陰性、念のため次の日も検査すればいい。

2回続けて陰性の場合、2週間も自宅待機させる必要があるのだろうか。
分からないからこその自宅待機で、個人に重い負担を強いて当たり前と思っているこの国。個人の犠牲の上に成り立っている。

そして日本人的な犠牲精神は今も昔もそう変わっていないことがよくわかる。
大島は2週間じっと耐え、家にこもりっきりだったそうだ。その心中は、他者に迷惑をかけるわけにはいかないと。
日本人らしい発想だ。子供とも距離を置いて、一人だけ別のテーブルで食事をとっていたようだが、2週間もよく耐えた。。。


多分、この人陰性だったのじゃないか。陽性だったら朝から晩まで同じ狭い空間の中にいて、よほど気を付けていても、夫や子供に感染させる可能性大だ。やはりPCR検査はすべきだった。
今なら抗原検査もあり得る。


多くの人が検査を受けて、自分や自分が接する人が感染者ではないと判定したい。それが科学的な安心材料じゃないか。国民が検査も満足に受けられないのに、我慢や努力ばかり強いる政府。

行政としては1に検査、2に検査、3に検査をして、個人の精神的な負担をできるだけ少なくしていたら安倍の言う「日本モデル」も少しは認めてもよいと思われるが、国としての対策は後手後手で、PCR検査すら受けさせてもらえなかった現状を考えると、空前絶後の、嘘つき&ほら吹きとしか思えない。やはり安倍政権には不信感しか沸かない。

「賭けマージャン」問題で、朝日新聞社員に停職処分・・・事の本質は「権力との癒着」にあることを忘れちゃいけない!!

 くろねこの短語 2020/5/30

朝日新聞が、テンピン黒川君と賭けマージャンをした社員を停職処分にしたってね。処分の内容が妥当かどうかはいろんな意見があるだろうけど、トカゲの尻尾切りで事を収めようとするならそれは大間違いだ。

 
問題の本質は賭けマージャンではなくて、権力とジャーナリズムとの癒着にこそある。「ブンヤの賭けマージャンなんか伝統じゃん」なんて知ったような口を利くネット雀もいるようだが、そういうのを「木を見て森を見ず」と言う・・・って違うか。


朝日新聞社 賭けマージャン問題で社員を停職1か月の懲戒処分

それはともかく、テンピン黒川君と新聞記者との賭けマージャンについて、どうも新聞記者への追及の動きが鈍いのは気になるところで、やっぱりここを掘り下げるといずれは自分たちにも火の粉が降りかかることを恐れているんだろうね。ま、同じ穴のムジナなわけで、ここはテンピン黒川君の処分問題に焦点を当てて、新聞記者の存在は忘れて欲しいというのが本音なのに違いない。

 
朝日新聞が公表した「賭けマージャン問題に関する懲戒処分」には、こんな文言がある。


「定年延長、検察庁法改正案が国会などで問題となっており、渦中の人物と賭けマージャンをする行為は、報道の独立性や公正性に疑問を抱かせるものでした。深くお詫びいたします。」

 
「渦中の人物でなければ賭けマージャンしてもいいのか」なんて突っ込みを入れたくなろうというのだ。こういう痒いところに手が届かないパターン化された謝罪文って、結局のところ初老の小学生・ペテン総理の「責任は私にある」発言と五十歩百歩なんだね。

 
「報道倫理が問われる重い問題と受け止めており、取材先との距離の取り方などについて整理し、改めてご報告いたします。」って最後に言ってるけど、賭けマージャンを個人の問題に収斂させるのではなく、朝日新聞としてこれまでどんな「癒着の構造」があったのか、それに対して具体的にどんな改善策を施していくつもりなのか・・・社運を賭けるくらいのパワーで自己分析していかないと、新聞だけでなくこの国のジャーナリズムそのものが死滅することになりますよ。


賭けマージャン問題に関する懲戒処分

 もっとも、ジャーナリズムと権力との距離感は「コーヒー一杯」が上限とされる世界標準と違って、メディア幹部がペテン総理と夜ごとの酒食を嬉々として共にするような国なんだもの、いまさら何言っても無駄か。

吉村洋文(8)

 
頭がクラクラしてきそうだ。吉村が、こんな発言をしたそうだ。 
https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0522/abt_200522_6028800697.html

 
大阪府の吉村知事がさきほど会見を行い、医療機関における医療物資の状況について言及。「大阪府市は雨がっぱで治療をしているなど、事実と異なるデマがある」と話し、ネット上にみられる憶測などに基づいた不正確な情報発信に苦言を呈した。

 

そうか、では雨合羽の寄付を呼び掛けたのは何だったのか?

 https://news.goo.ne.jp/article/lmaga/region/lmaga-00111892.html


松井市長がメディアに向け、「医療現場の責任者たちを集めた意見交換で、マスク、手袋、防護服と医療物資がとても不足していることが分かった」と状況を説明。

「防護服については、非常に足りていない。医療現場の人たちは、ごみ袋をかぶって治療をしている。

ご家庭に未使用の雨合羽の在庫がある人は連絡いただきたい。サラ(新品)があるのであれば、そのまま送ってもらってもいい。みなさん、ご協力をお願いします」と呼び掛け、話題を集めた。

 

大阪市が雨合羽寄付を呼び掛けていたのは、市のHPにも出ている。すでに受付は終了したらしい。

  https://www.city.osaka.lg.jp/kenko/page/0000501001.html

 
皆さま方からの温かいご支援に深く感謝申し上げます。雨合羽のご寄附やお申し出が30万着を超え、おかげさまをもちまして、当面の必要数を確保できることとなりましたので、令和2年4月17日(金曜日)をもって、ご寄附の受付をいったん締め切りさせていただきたく存じます。いただきましたご厚意は、今後、医療機関等で有効活用させていただきます。

 

「医療機関等で有効活用させていただきます」と書いてあるではないか。医療機関で活用するが、雨合羽で治療はしていない。わけがわからん。医師は雨合羽を診療において着用はしないが、病院内の他の職員が着用しているだけということか。

ごはん論法だな。それにしても、雨合羽を寄付した市民に対してひどく失礼な言い方ではないか。雨合羽が集まり過ぎて、市役所がひどい状況になっているという件もあった。オマエと松井で整理を手伝えよ。

 

 

ウソつき放題。いくらいい加減なことを言っても、追及もされるどころか、ますます人気が出る。いったいこの国はどうなっているのか、どこに向っているのか。

 

ところで、吉村よ。ルーターの寄付は集まったか?有効に利用できているか?

 (ルーターの件とは何?という方は、下のブログを参照にどうぞ)

 


森大臣が、法務省の幹部らに「自らの身の律し方考えて」とテレビ会議で訓示したという。これを見て、お前も悪よのうと思った。こんな訓示は、普通の恥概念を持っていれば、とても言えたものではない。況や学校の先生が生徒に訓示するような態度で出来るものではない。

東北大学の法学部を出た秀才のはずである。東北大地震の時、検事が真っ先に逃げたと国会で答弁したが、何かピントが外れていると思っていたが、何か頭の思考がアベに似てきた。きっと毒されたのだろう。こんな道理の通らないことを言っても大丈夫と。

法務省は国民を逮捕したり、罰を決めたり、ある意味最も強い権力を持って検察を管轄している。黒川検事長の定年延長問題の答弁、「訓告」辞任答弁に対して国民は誰も森氏の話なんか信じていない。すべて嘘と思っている。

その森自身が「身の律し方」を考えろと部下に訓示する。自分は蚊帳の外で、あなたたち私に恥をかかせないでちゃんと仕事しなさいと言っているように聞こえる。これを聞いて国民はお前が言うなと言いたい。幹部連中も同じことを思っているはずである。

本当に、アベ政権になってまるで幼稚園の子供レベルで自分が行った過ちをひたすら言い訳をしている。また、これだけ国民に迷惑を掛けておきながら自己賞賛している。それを言っている本人たちがまるで、不思議に思わず立派な答弁、意見と思っている。

このまま、アベ政権が存続すれば、本当に国家の損失である。失われた8年間になる。そろそろ限界である。アベの下で何一つ国民が良かったと思うことはなされていない。もう終わりにしないと日本は本当に沈没する。

森法相が法務省幹部らに訓示「自らの身の律し方考えて」
https://www.asahi.com/articles/ASN5Y5V3SN5YUTIL02G.html
2020年5月29日
 
東京高検の黒川弘務・検事長(63)が緊急事態宣言下で産経新聞記者や朝日新聞社員と賭けマージャンをしたことが発覚して辞職した問題を受け、森雅子法相は29日、法務省幹部らに「公務員として公平性を確保する意義や、民間業者やマスコミとの適切な対応のあり方などを改めて考えてほしい」と訓示した。
 
訓示はオンラインによるテレビ会議で実施。全国の検察庁にも録画された動画が配られるという。
 
森氏は訓示で、今回の問題は国民からの信頼を揺るがしたと説明。「厳しい非難を免れない。私自身、強い憤りと責任を感じている」と述べた。その上で、法令、規則、倫理を守る重要性などに触れながら、「自らの身の律し方を考えてほしい」と呼びかけた。
 
森氏はこの日の会見で、信頼回復のため省内に設ける「法務・検察行政刷新会議」で議論する内容について、「少なくとも検察の綱紀保持の項目は含めたい」と語った。メンバーの選定や初会合の開催時期は、調整中としている。

↑このページのトップヘ