真実の報道神秘

権力の『おかしな政策』におかしいと報道しない日本で、一人でも『おかしい』と声を上げ、真実を追求して行きます。

2019年11月

韓国へのビール輸出激減の元凶と言われるのが竹田恒泰である。「竹田恒泰チャンネル」とやらで「韓国人は日本のビールがないと発狂する。生きていけない。韓国ビールはまずい」等と発言している。
 
バカを斬る刀 2019-11-29

 

疑惑満載の桜を見る会については、やっとマスゴミも取り上げるようになったので、今日は別の件を取り上げます。

 

韓国へのビール輸出がゼロになったらしい。

 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191129-00000502-fsi-bus_all

財務省が28日発表した10月の品目別の貿易統計によると、韓国向けのビール輸出は金額、数量ともにゼロだった。前年同月は8億34万円、824万1754リットルだった。日本政府が今年7月に始めた輸出管理厳格化に対する韓国内の反発で日本製品の不買運動が起きたことが背景とみられる。韓国は日本のビールの主要な輸出先となっており、ビール各社の経営にも影響しそうだ。

 

韓国へのビール輸出額は月に8億円余りあったそうだから、年間なら100億円、10万キロリットルほどか。日本でのビール生産量は年間510万キロリットル。全体の2%ほどだが、売上高や生産量の2%というのはバカにできない数字である。これがゼロになるのは、やはり痛手であろう。

 https://www.kirin.co.jp/company/news/2019/0808_06.html

 

ところで、韓国へのビール輸出激減の元凶と言われるのが竹田恒泰である。「竹田恒泰チャンネル」とやらで(映像はあまりに醜悪なので貼りません)、「韓国人は日本のビールがないと発狂する。生きていけない。韓国ビールはまずい。」等と発言している。

 
この映像が韓国でハングルの翻訳つきで流れてしまった。これでは韓国で日本ビールが売れるわけがない。

 

そこで日本のビール会社に、韓国でのビール販売を回復させる方法をお教えしよう。


韓国で広告を出す。

 
「当社は竹田恒泰の差別発言を容認しません。撤回と謝罪を求めます。日本で竹田が出演するテレビ番組に広告は出しません。竹田の書いた文章を掲載する雑誌にも広告は出しません。竹田に限らずレイシストを出演させるテレビ局、出版社への広告は今後見直していきます」。そしてその通りに実行すればいい。

 

「レイシストは干される」。差別発言をすれば、芸能人でもスポーツ選手でも謝罪に追い込まれ、それでも番組から降ろされ、契約は解除され、誰からも相手にされなくなる。欧米では常識である。その世界の常識から外れているのが日本。

 
利潤追求とともに、企業の社会的責任を果たすいい機会だ。ビール会社が率先してやってみるがいい。

菅氏、反社会勢力の定義定まっていないとか、データの復元ができないとか嘘ばっかり!

まるこ姫の独り言 2019/11/29

安倍政権は、閣議で勝手にルールは変えるわ、定義は変えるわして、あっと驚くような閣議決定を何度も見てきたが、、こんどは反社会勢力の定義は決まっていない、桜を見る会名簿のデータ復元はできないと言い切っていたが頭大丈夫か?


菅長官「反社定義ない」全国企業あ然とさせたトンデモ言い訳          11/28(木) 21:52配信  女性自身


>「『反社会的勢力』は様々な場面で使われ、定義は一義的に定まっているわけではないと承知しています」

>だが、じつは「反社会的勢力」の定義は、安倍政権が定めているのだ。第1次安倍政権下の2007年6月19日、「犯罪対策閣僚会議」が示した「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針について」で、「反社会的勢力」はこのように定義された。
Ekglhxmuuaaauc5
今までだったら、菅官房長官が間違っていても言い切ったらメディアはダンマリだったが、今回の「桜を見る会」に関してはすぐさまメディアが反論をしてくる。反社会勢力の定義は、第一次安倍内閣で定義されているのに、菅が「定義は決まっていない」と言った途端、すぐに検証が行われて菅の言ったもん勝ちの嘘を表に炙り出してくる。

今までに無かった事だ。菅はどんどん追い詰められてきている。その、嘘つき政権の嘘つき官房長官が、何が何でも安倍首相を守るために名簿のデータの復元はできないと発表をしたが、これも専門家は違う見立てだ。殆どの専門家はデータの復元はできると言っている。


菅官房長官「データ復元できない」 「桜を見る会」招待者名簿         11/28(木) 12:06配信  時事通信


>菅義偉官房長官は28日の記者会見で、廃棄された「桜を見る会」招待者名簿の電子データ復元を野党が求めていることに関し、「復元できないと聞いている」と述べた。

>その理由に関しては「技術的にそうなのか、ルール的にそうなのかは承知していない」と述べるにとどめた。 


この場面は見ていたが、どこからどう見てもしどろもどろだった。記者の質問に答えられないのか、「復元できないと聞いている」とはぐらかすし、その理由に関しても記者の質問にはまともに答えなかった。答えられなかったと言った方が適切だろう。

専門家のほとんどがデータの復元はできると言っているのに、政府だけはできないという。

そもそも、「桜を見る会」の名簿がなぜ出せないのかを野党や国民に問われているのに「出さない言い訳」ばかり考える政府はおかしい。一番権力を持っている方の人間が税金の私物化や反社会勢力との関わりを疑われたら、本来なら身の潔白の為に官僚を総動員してデータを出させ、「桜を見る会」を私物化していない理由や説明、反社勢力との付き合いの有無を公開するだろうに、この政権は隠すことに専念する。

国家機密でもあるまいし「出せない理由」がどこにあるのか。セキュリティ対策のために予算が膨れ上がったと弁明していたが、反社勢力を招待していたとなればセキュリティもへちまもない。

国家と敵対する勢力を政府が税金を使って招待する。どこの世界の話なんだ。

新聞もTVも、なんとかのひとつ覚えで「野党審議拒否」と煽ってないで、「国会に出てこい、チキン野郎!!」とたまには言ってみやがれ!!

くろねこの短語 2019/11/30 

「桜を見る会」の招待者への通し番号が付いた文書を内閣府が認めたことで、野党は国会審議にとりあえず応じることにしたってんだが、ちょいと甘いんじゃないのかねえ。

顔も頭も貧相な官房長官・ガースは、相も変わらず「内閣府として提出した資料であり、そこに記されている招待区分は招待状の発送を効率的に行うために付している」なんてとぼけたこと口にして、だからなんだって態度なんだよね。

 
トッポジージョ・安住君は、あたかも「60」という番号が首相推薦枠で決まりみたいなコメントして鬼の首でもとったように息巻いているけど、相手は稀代の三百代言ですからね。共産党の田村智子議員の知恵を借りてでも、いま一度戦略を練った方がいいんじゃないのか。

首相推薦枠?「60」は政府資料 元会長の招待状に記載

 

SharedScreenshot80

でもって、「審議拒否」って煽ってたメディアは、野党が早々に国会審議に応じる構えを見せたので、肩透かしを食らっちまいました。しかし、おかしなもんですね。「桜を見る会」疑惑ってのは、ペテン政権が抱える多岐に渡った問題を含んでいて、たとえば初老の小学生・ペテン総理の政治資金規正法&公職選挙法違反の疑い、反社会勢力と政治家のズブズブ関係、さらにはマルチ商法の広告塔など、どれひとつとっても検察マターになっても不思議でないほど重要なものだってのに、野党の審議拒否は批判的に報じるだけで、ペテン総理が予算委員会を開かずに逃げ回っていることにはまったく触れることがない。

 
「推移を見守る」とか「批判が高まっている」とか、評論家みたいな報道してないで、いまこそ「国会に出てこい、チキン野郎」とペテン総理に迫ってみやがれ。

SharedScreenshot81


日本の政治史に残る不正事件を無いことには出来ない。



かっちの言い分 2019/11/28

 

政府ご用達のNHKは別として、桜を見る会の報道に変化が見られる。どう変化が見られるかと言えば、官房長官の説明にもなっていない、子供でも言わない言い訳に対して、あからさまに暗に嘘を言っているというような言い方に変わってきていると感じる。普段なら決してこのような言い方は出来ないものが言うようになってきているのは国民の怒りを背景にしているからである。

安倍首相もあれだけ説明するといいながら、自公が完全にブロックして一切国会に出さないようにしている。せめて参院の予算委員長が野党なら、強制的に委員会を開けるのに悔しい。

首相の替わりに菅官房長官が一手に質問を受けている。反社会勢力の話もどうして紛れ込んだかわからないと逃げまわっている。記者から参加者名簿の電子データを復元しないのか?という問いに、「出来ない」と聞いていると述べている。こんな言い訳は自民党支持者ですら信じないだろう。

当初、安倍首相、自公議員は参加者を推薦するが、最終的に推薦者を決めるのは内閣府と述べていた。この意図は、安倍首相が後援会者、お友達を、昭恵夫人がお友達を推薦しても、内閣府が最終的に決定し招待状を送ると述べていた。もし、そうなら内閣府のトップは菅官房長官である。体に入れ墨を入れた反社会勢力の人物と記念写真を撮っていたことは、どんな言い逃れをしても自分がTOPの内閣府が決めたのであり、最終責任は菅氏にある。芸能人はダメで、政治家なら許されるとは真逆の結論である。

今回不正事件は、日本の政治史に残るような大事件である。この事件を解決するには検察の力しかない。安倍夫婦に逆らった籠池夫妻を逮捕し10カ月も勾留し、求刑7年とはあまりに落差がある。むしろ、安倍氏がやった不正は、職権に絡むもので籠池夫婦以上に重いはずである。

野党は、安倍首相が全く説明しない、菅氏も全く説明を果たしていないとして審議拒否をすると決めた。こんな出鱈目な政治では単に与党の決め事にお付き合いをしてお墨付きを与えるなら片腹痛い。野党も本気度を示し対決しなければならない。

 

西村明宏副長官、言うに事欠いて「反社の皆さま」だって(笑)

まるこ姫の独り言 2019/11/28

西村明宏副長官「反社の皆さまの個人情報」
Yjimage

>『桜を見る会』に反社会的勢力が参加していたのかについて、「把握していなかったが、結果として入っていたのだろう」と発言した菅官房長官は27日、釈明に追われた。

野党は「反社会的勢力の人たちが総理主催の税金を使った会で、堂々と飲んで食べて写真を撮ってなんてことを見過ごすわけにはいかない。進退に関わる問題だ」と攻勢を強めた。

一方、菅長官は午後の会見で「写真があるのなら、私自身は把握していないが、結果として会場にいたのだろうと述べた。反社会的勢力が『桜を見る会』に出席したとは言っていない」と語った。政府としての責任について問われると「私自身は把握してなかった」と繰り返した。


副長官は、反社勢力を「反社の皆様の個人情報」と特別扱い&持ち上げるし、菅官房長官は、減らず口の塊だし、どうなっているの?弁明に必死になっているが、これで世の中に通用するとは思えない。

無理矢理通用させているのはルールを勝手に変え、無法地帯の安倍政権だけだ。
一般企業でこんな弁解ばかりしていたら、企業イメージは極端に悪くなりメディアはしつこく総バッシングするだろうに、なぜ政治家だけは言い逃れられるのか。


テレビに出てくる政権擁護のコメンティターは、質疑を与党にはぐらかせられる野党はもっと質問方法を変えるべきだとか、質問力が無いとか挙句、野党はだらしないと言うが、多分、どんなに質問能力の高い人が追及しても、政権は言い逃れるだろう。

それだけ安倍政権の体質が人を人としてまともに見ていないという事じゃないのか。
真摯に答えた場面など見たことがない。官僚の書いた、薄紙の上から痒い所を掻くようなはぐらかし文書を朗読した後、聞いてもいない自説を滔々と述べ出す。

誰が質問をしても時間がどんどん無くなって来て議論は生煮えのまま、何が何だか分からないうちに強行採決をして法案が通ってしまう。誰が質疑をしてもこのパターンは変わらないと思う。

今日の飯を食うのに精いっぱいの吉本の下っ端芸人は、反社と写真を撮っただけで大スクープ扱いで相当叩かれていた。結果、謹慎処分を食らい、仕事も干上がって悪いイメージが植え付けられた。

仕事に復帰したとしても、スキャンダラスなイメージが邪魔をして、脱却するのに相当な時間がかかるだろう。反社とツーショット写真を撮った菅官房長官は、

>写真があるのなら、私自身は把握していないが、結果として会場にいたのだろうと述べた。


菅は、自分は把握していないと、いかにも他人事のように言い、反社が勝手に迷い込んだような言い方をしているが、招待したから来たのであって、勝手に侵入したわけではない。「セキュリティ」とか「テロ対策」が聞いて呆れる。


吉本芸人は問答無用で仕事を切られ謹慎処分。あれだけ曰く付きの写真が公開されているのに日本のトップ2は言い訳にもならない詭弁を全開。この政権は、はたから見たら完全に詰んでいるのに、知らない間に形勢逆転をして居座ってしまう。
私たち国民は、もう7年も安倍政権の卑怯極まる政治を見て来た。

本当にいい加減にしろで、安倍や麻生・菅の顔を見ないでいられる日がいつになったら来るのだろう。

「反社会勢力の定義は定まっていない」に続いて「招待者名簿のデータは復元できない」(菅官房長官)。こんな悪あがきが通用すると思ってんだから、 舐められたものだ!!

 くろねこの短語 2019/1/29

そろそろかな、と思ってたら、やっぱり飛んできました。何がって、北のミサイルのことだ。初老の小学生・ペテン総理は、国会には出てこないくせに、記者の前にシャシャリ出てきて、「我が国のみならず国際社会への深刻な挑戦だ。

国民の生命・財産を守り抜くため、警戒監視等に全力を挙げていく」だとさ。いつだっけ、北からミサイルが飛んできた時に、ユトリでゴルフしてたのは。それにしても、毎度のことながらタイミングのいいことで。

 
そんなことより、「桜を見る会」だ。反社会勢力との関係が浮上してからというもの、顔も頭も貧相な官房長官・ガースが矢面に立たされて、さすがに「あんなウマシカのために何で俺が」ってのが顔に出ちゃってます。

 
だから、記者を相手の言い訳も、とてもじゃないけど聞くに堪えないほど非常識なものになっていて、先日も「『反社会的勢力』は様々な場面で使われ、定義は一義的に定まっているわけではない」とアホ抜かして世間をアッと言わせてくれたばかりだ。

菅長官「反社定義ない」全国企業あ然とさせたトンデモ言い訳

菅氏、反社会勢力「定義定まっていない」 責任明言せず

 
でもって、昨日もやってくれました。廃棄したとされている「桜を見る会」の招待者名簿については、「電子データは復元できるんじゃないの」という極めて自然な疑問があるんだが、なんとこの男は「復元できないと事務方から聞いている」だとさ。それが事実なら、その役人を連れてきて、なぜ復元できないのか説明してみやがれ、ってなもんです。

桜を見る会 菅氏「名簿データ復元できない」 専門家は「できる可能性」

 
とにかく、役人ってものは前例主義が骨の髄まで沁みこんでいるもので、個人の判断でデータまでも廃棄するなんてネバーありません。つまり、役人にデータ廃棄を命令した誰かがいるわけで、そろそろ内部告発なんてのがあってもいい頃だと思うんだが、それくらい覇気のある役人っていないものなのかねえ。ま、ないものねだりなのはわかっちゃいるのだけれど・・・。 

SharedScreenshot26

SharedScreenshot27

最後に、週刊新潮が、ペテン総理とホテルニューオータニを結びつけるとある団体についてスクープするらしい。ちょいと、立ち読みしてみるか。

SharedScreenshot28


週刊文春スクープ 桜を見る会前夜祭に支部から旅費支出:一切支出なしが崩壊。

かっちの言い分2019年11月27日

検察 安倍首相


安倍首相は、ホテルオータニでの前夜祭においては、後援会としてお金については支出、収入は一切ないから政治資金規正法による収支報告書には書く必要はないと豪語していた。全てホテルが値段も設定し済んだ話とした。こんなことを平気で言う自体誰も信じないが何の罪の意識もなく述べる。

その言い訳を突き崩す証拠(領収書)を文春が見つけ出した。週刊文春は、大手新聞社より余程がんばっている。その領収書は、自由民主党山口県第四選挙区支部(以下第四支部)の収支報告書に添付されたもので、第四支部が約89万円を「サンデン旅行」(山口県下関市)に支出したことを示している。サンデン旅行は安倍事務所と協力して「桜を見る会」ツアーを組んだ旅行会社であり、但し書きに記載された日付は、2015年の「桜を見る会」および「前夜祭」が行われた日付と符合している。

EKXJbjeUYAA0FSS.jfif

これにより、首相が述べた一切支出、収入に関わっていないというロジックが崩れた。もう完全にOUTなのに沈黙で通そうとしている。野党は国会での予算員会を申し入れているが委員会を開かないことを公明と確認している。委員長を野党が持っていれば委員長職権で開けるが無視している。

これを正すには検察が一番いいが、安倍首相の前に完全にひれ伏して気概の「き」の字もない。市民団体から告発されているが、これとて受理するかわかったものじゃない。国民が告発しないと検討もされない。

なら、マスコミ、国民,がもっと追及しなければならない。日本の民主主義がどんどん壊されていく。この事件を追及出来なければ一生不正は出させない。

安倍首相が代表の選挙区支部 「桜を見る会」に旅費支出の疑い
11/27(水) 16:00配信
「桜を見る会」とその前夜祭について、「週刊文春」は、安倍晋三首相の従来の説明と食い違う、新たな証拠を入手した。

【新証拠画像】安倍首相が代表を務める第四支部宛の領収書

安倍首相は11月15日の会見で、自身の政治団体の収支報告書に前夜祭などに関する記載がないことを政治資金規正法違反(不記載)と批判する声に、こう反論していた。

「夕食会(=前夜祭)を含めて旅費、宿泊費などすべての費用は参加者の自己負担で支払われており、安倍事務所、安倍晋三後援会としての収入・支出は一切ない」

だが、今回「週刊文春」は、一枚の領収書を入手。そこにはこう明記されている。

〈¥890,710 但し、2015/04/17~2015/04/18 旅費として〉

これは、自由民主党山口県第四選挙区支部(以下第四支部)の収支報告書に添付された領収書で、第四支部が約89万円を「サンデン旅行」(山口県下関市)に支出したことを示している。サンデン旅行は安倍事務所と協力して「桜を見る会」ツアーを組んだ旅行会社であり、但し書きに記載された日付は、2015年の「桜を見る会」および「前夜祭」が行われた日付と符合している。ツアー参加者らの証言からは、参加者の接待のために地元事務所の秘書やスタッフがこぞって上京していたことが判明しており、この「89万710円」は、彼らが上京する際の旅費だったと見られる。

第四支部の代表は安倍首相。首相が前夜祭と桜を見る会のために上京するスタッフの旅費を出したのであれば、主体的に一連の行事にかかわっていた証拠といえる。

神戸学院大学の上脇博之教授が解説する。

「これらの行事に安倍事務所のスタッフが“政党支部″のお金を使って参加していたとすれば、問題はさらに深刻です。支部の代表は安倍首相ですから、れっきとした安倍首相主体の政治活動といえる。そうなれば、やはりツアーや前夜祭の開催について収支報告書に記載がないのは益々おかしい。また政党支部には税金が原資の政党交付金が支給されています。その使途について、支部の代表たる安倍首相は、きちんと説明する義務があります」

サンデン旅行の竹重秀敏社長を直撃すると「何も答えられない」。別の役員は「(旅費は)事務所の方が出張で飛行機に乗ったもの。宿泊費は入っていません」と答えた。

安倍事務所に質問状を送付したが、回答はなかった。

11月28日(木)発売の「週刊文春」では、安倍首相と報道各社の政治部官邸キャップとの懇談会の模様や、森喜朗元首相らと首相在職日数記録更新を祝った宴の詳細、また桜を見る会での集合写真を巡る疑惑などについて詳報している。
「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年12月5日号

↑このページのトップヘ