真実の報道神秘

権力の『おかしな政策』におかしいと報道しない日本で、一人でも『おかしい』と声を上げ、真実を追求して行きます。

2019年07月

    NHKから国民を守る党ただの暴力集団か

 

バカを斬る刀2019-07-30

 

守っていらないから、暴力は止めろ。ただの暴力集団。 8:30からが特にひどい。 

 

突いたり掴んだり、こいつらの方からだ。 なぜこれで逮捕も起訴もされないのか。 こいつらに国会や地方議会の議席が与えられ、税金から給与が支払われる。 

選挙後に出す「 GDP0.9%成長に下方修正」やっぱり景気悪化が判明!安倍政権の常とう手段だ。選挙中は支援者を騙すような綺麗ごとばっかり言い支持者を騙し、選挙が終わると本性を出してくる。年金の財政検証もとうとう選挙前には出してこなかった。いつ出すのか。

まるこ姫の独り言 2019/7/30


何か大きなイベントがあったりすると、その間、こっそり出してくるのだろう。GDP成長率も選挙後に出し、下方修正。


0.9%成長に下方修正、内閣府 19年度見通し、中国減速の影響
7/29(
) 17:51配信 共同通信


>政府は29日、経済財政諮問会議を開き、内閣府による経済見通しを示した。19年度のGDP成長率はプラス0.9%と、1月に示した1.3%から0.4ポイント下方修正した。米中貿易摩擦などを背景とする中国経済減速の影響で、日本の輸出が落ち込んでいる状況を織り込んだ。

>今回初めて示した、20年度の予測はプラス1.2%と回復を見込んだ。安倍政権は、いつも国内のGDPが悪いのは中国経済のせいにしてきたが、本当にそうなのか。政府はつい最近まで経済は良くなった、イザナミ景気を超えたと言ってきた。

多くの国民が好景気の実感が無いのに景気が良くなったと言い続けて来た。その間も、悪い経済指標が出たら、必ず中国経済の減速の影響と発表して来た。と言う事は、悪い数字が出たら「中国経済の減速」が錦の御旗で許され、それじゃあ仕方が無いという思考に誘導してきたという事だ。

例え、中国経済の減速があったとしても、中国と貿易をしてる世界各国はプラスになっているのに、日本だけがマイナス成長はどういうことなのか。中国経済が減速すれば、すぐに日本が多大な影響を受け、米国経済が減速すればますます日本経済が悪くなるという、日本だけが世界から取り残されている感がすごくある。

 

安倍政権が発足後、多くのエコノミストは「2年程度で全国津々浦々までアベノミクスの恩恵を受け、果実がしたたり落ちてくる」と言って政権ヨイショに励んでいたが、6年半たってもアベノミクスの果実が滴り落ちるどころか、経済が良くなったと実感したことはただの一度もない。

安倍首相は一言一句自分が語ったことを再現しないと「私はただの一度もそんなことを言ったことはない」と逃げるが、安倍首相は、2015年の年頭あいさつで「全国津々浦々、1人でも多くの皆さんにアベノミクスの果実を味わっていただきたいと思います」と言っている。

突っ込まれると自分の発言を無かったことにしてしまうが、そのような趣旨の発言は一杯している。そしてまたもや、20年度の予測はプラス1.2%と大風呂敷を広げる。申し訳ないけど、今まで6年半もできなかったことが、20年度に出来るとは思えない。

オリンピック特需も入っているのかもしれないが、オリンピックはたかが2週間程度で、その後はスゴイ反動が来るとも言われている。捕らぬ狸の皮算用になりかねないが、今さえ騙せればいいという事か。


結局、消費が全然上向かず、内需がジリ貧では経済が良くなった実感など誰もが感じないだろう。外需頼みの大手企業だけが空前の利益かもしれないが、それも企業減税で得をして国内に還元されることが無い。

素人が考えても、日本の歪な経済状態が想像できるのに、いつまでこんな大企業や富裕層だけが優遇されるような政策を取り続けるのだろう。山本太郎の政策の方がしっかりしている。 

国会内での介護費用は参議院が負担!&「介護費は自己負担」と喚く松井一郎(日本維新の会)&「みんなの党」・・・昔の名前で出ています&吉本の会長と社長はいつ辞めるんだ!!



くろねこの短語 2019/7/31

ディープインパクト、逝く!! 頚椎骨折が原因の安楽死との報道なんだが、手術後になぜ頚椎骨折したかの説明がないのはなんとも・・・。ともあれ、安らかに!!

ところで、れいわ新選組の木村英子氏と船後靖彦氏の介護サービス費用について、当面は参議院が負担することになったってね。そもそも、24時間体制で介護者がつく重度訪問介護を受けているひとが仕事をすると、公費による介護サービスが受けられないという制度がおかしいのであって、そうした現状にスポットを当てただけでもれいわ新選組のお二方が当選した意義があるというものだ。

れいわ2議員の国会内での介護費用、参議院が負担へ

ああ、それなのに、日本維新の会代表でもある大阪市長のチンピラ松井君が「どなたにも適用できるよう制度全体を変えるならいいが、国会議員だからといって特別扱いするのは違う」と自己負担にしろと喚いたってね。

どこまでオバカさんなのだろう。だったら、制度全体を変える法案作りに乗り出すのが政治家の務めで、こういう発言ってつまるところは「障害者は外に出るな」って言ってるようなもんなんだね。

日本維新の会の松井一郎氏 れいわ議員に介護費は「自己負担で」

この男は、NHK受信料についても「国会議員の受信料未払い通るなら大阪市もやめる」ってほざいている。除名した戦争小僧・丸山ホダカがN国党に入党したことへの面当ての意味もあるんだろうけど、こういう言い草こそチンピラの言い掛かりみたいなもので、お里が知れるというものだ。

松井市長「国会議員の受信料未払い通るなら大阪市も」

これまでのルールに異議が出てきたなら、それを端緒にして議論をするのが政治家というもので、まるで駄々をこねているお子ちゃまのように毒づく様はなんともみっともない。

でもって、N国党と没落の世襲議員・渡辺君が会派を組むってさ。会派の名前が「みんなの党」とは・・・昔の名前で出ていますってか。すべては金と売名なんで、取上げれば取上げるほど付け上がるから、こんな奴らはもう無視するに限ります。

新会派「みんなの党」結成、N国代表と渡辺喜美氏が会見

最後に、初老の小学生・ペテン総理と癒着した吉本の会長と社長は、いつになったら辞任するんだ!!

吉本興業が請け負う政府・省庁「肝いり事業」は、まだこんなにあった

photo_20190731075001

太郎票の再点検<<各地で山本と山田票のトラブル発覚>

 

本澤二郎の「日本の風景」2019-07-28

<各地で山本と山田票のトラブル発覚>

山田太郎と山本太郎が出馬した参院選のことを、筆者を含め多くの国民は知らなかった。後者は6年前の東京選挙区で当選、国会でも大活躍、今回は特定枠に障害者二人を擁立、自らは三番手に甘んじた。古巣の東京選挙区には、沖縄の玉城知事誕生に一役買った池田親衛隊ともいえる野原善正を擁立した。新聞テレビは無視を決め込んだが、ネットでは独占炎上、東京での野原との演説会を伝えるYou Tubeは、どのようなドラマを見るよりも面白かった。

山口那津男ら、池田大作への裏切りを告発する、野原の勇気に聴衆から拍手が巻き起こっていた。信濃町の屋台骨を揺るがす大健闘だった。

他方で、自民党の山田太郎の存在を、ほとんどの国民は知らなかった。それでも選管が発表した得票は、自民党比例区の二番手。多くの国民は「おかしい」と感じている。

<自民の山田大量得票に疑惑の声が>

山田の経歴を開いてみると、2010年に「みんなの党」という国民も記憶していない小党から立候補して、当然の落選。得票は3万である。2年後に仲間が衆院選に出馬したため、繰り上げ当選という幸運が舞い込んで、3万得票の参院議員が誕生した。

いい加減すぎる選挙制度のおかげでバッジをつけた山田である。2016年には、改憲軍拡の維新へ鞍替えしたものの、すぐさま除名。何があったのか。そのような人物が2019年3月、自民比例公認を手にした。この背景を調べると、いろいろなことがわかってくるはずだ。

そして今回、54万の大量得票で自民党の二番手で当選、おかしくないか、という疑問が噴出している。

一部に「選挙屋ムサシの陰謀ではないのか」「山本太郎の票が流れ込んだものか」といぶかる声がネットでも聞こえてきている。

ここは太郎票を精査すべきだろう。少なくとも東京の太郎票の再点検を、むろん、手作業でする責任が選管にある。「ムサシ」が100%正しいというのであれば、それを証明をする好機ではないだろうか。

<政党除名は即議員辞職が国民の声>

近年いかがわしい政治屋が目立つ。特にOOチルドレンと呼ばれる、単なる金儲けの、ろくでもない国会議員が少なくない。志のある正義の士は、極端に少ない。与野党とも、である。

したがって、不祥事が頻発している。政党から除名にされても、議員を止めようとしない維新の議員は、それゆえに年間1億円の血税を懐に入れている。政治不信の最たるものであるが、国会も政党も無力である。このまま放置できるものではない。肝心の日本財政に余裕はない。

今度は、秘書を奴隷のようにしていた自民党議員が告発され、警察が捜査している。自民党の新潟県連は「除名が相当」と党本部に進言した。

それでも、除名後も国会議員として居座るとどうなるか。国政に参画することは、政党政治の元では不可能だが、それでも年間1億円の血税が投入される。そこで提案である。

<公認段階で、除名即議員辞職を先約させればいい>

まずは政党が、候補者を公認する段階で、不祥事を起こし、除名にされたときは、直ちに議員を辞職すると約束させればいい。

小選挙区制のもとでの公認権は重い。政党が責任をもって公認する以上、失格者を除名にするだけでは、国民に対して責任を果たしたことにはならない。当然であろう。公認の条件に除名は、即議員辞職を約束させるのである。

よく知らないが、NHKから国民を守る党から一人当選した。いかにNHKが国民を裏切って、安倍の広報宣伝をしているかの証明だが、数日前の報道では、維新を除名された議員失格者を、改憲条件に国会で提携するという。

新たなる裏切りに愕然とするばかりである。裏切りが横行する永田町を放任していいものか。これでは不正選挙への懸念が噴出して当然であろう。この機会に、まずは太郎票の再点検をして、不正選挙の有無をはっきりさせる必要がある。新聞テレビが無視する事案ではない。

2019年7月28日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)

韓国民の「NOあべ」を「反日」と煽る日本のメディア、「ひるおび」も煽る煽る

まるこ姫の独り言 2019/7/29

日本のメディアは、「日本政府は絶対に間違わない」とでも思っているのか、日本政府のやり方には疑義を挟まないのに、韓国に対しては韓国が全面に間違っているいうスタンスだ。

韓国民が「NO安倍」とプラカードを掲げた図を撮って反日集会と記事にする。
正確には反日ではなく反安倍じゃないのか。


ソウルで数百人が反日集会 輸出規制強化に抗議
   対韓輸出規制 朝鮮半島 2019/7/27 22:15 日経新聞


>ソウル市の中心部で27日夜、文在寅(ムン・ジェイン)政権を支持する革新系団体の主催で、日本の対韓輸出規制への抗議集会が開かれた。数百人が「経済侵略を中断しろ」などと叫び、近くの日本大使館へと行進した。日本の植民地支配からの解放を記念する8月15日の「光復節」に向け、日本製品の不買運動と合わせて抗議活動がエスカレートする可能性がある。


この写真は安倍政権が取ってきた政策に対してNOを突き付けているように見える。

20190727noabe

         これ安倍政権批判じゃないか。

Img550e96ffce627

日本人に対してと言うより安倍政権に対して怒りを持っている。
草の根レベルでは、日本も韓国も良好な関係だと思うが、いつも政治が邪魔をしている。
私も韓国に旅行をしたことがあるが、その時も、政治レベルでは相当な険悪な関係だったが、民間レベルでは悪い影響は何一つなかった。韓国の人はどの人も親切だった。
そしてどの地に行っても日本人ばかりだったし、顔つきもどこの国の人か見分けられない程よく似ていた。それなのに、いつまでたっても政治が両国の国民を煽って支持率に繋げようとしている。いい加減、不毛な煽りは止めてもらいたい。

久しぶりにひるおびを見ていたら、田崎スシローが出ていて強い口調で、「政治がコントロールをする必要がある、煽ってはいけない、日本の官邸は冷静だ、日本人の感情を刺激するようなことをしてはいないし、韓国のように感情的になってはいけない」と言うようなことを言っていたが、そもそも日本政府が散々煽って来たからこそ、韓国民にこういった態度を取らせる原因になったのではないか。

私は見なかったがテレビ欄を見ていると番組内で、「ひるおび」は参議院選挙期間中も番組内で「日韓問題」を扱っていた。多分、韓国が全面的に悪いような内容になっていたのではないか?


そうするとテレビを見ている人が煽られる可能性は大きい。韓国がすべて悪くて日本がすべて良いわけでもないのに、日本のメディアは韓国政府が一方的に悪く日本政府のやり方が正しいかのように煽ってきた。


矢代弁護士も、このまま行ったら韓国経済が悪化すると言っていたが、少し考えたら悪化するのは日本の経済も同様だろうに。日本の経済だって無傷で終わることはない。

韓国は民間レベルで不買運動をしているし、多数の訪日旅行客も減る。
日韓両国にとって何一つ良い事が無いのに、政治はなぜ歩み寄ろうとしないのか。ピョン・ジンイルも、日本に住んでいるからか、気持ち悪い程日本政府ヨイショ一色になっていたが自分のルーツやアイデンティティを考えたら、そこまで韓国の事を一方的に悪く言うのはどうなのか。見ている方が物悲しくなる。

戦争小僧を取り込んだN国党を、単なる政治の「愉快犯」と笑っていると痛い目に会うかも。ゴミ処理場の腐臭が、そのうち国会を蔽うようにならないとも限らない!!&高校生が制作した「安倍政権6年の暴政」ビデオ!

 くろねこの短語 2019/7/30

選挙にはいつの時代も愉快犯のような候補者というのがつきもので、それをまた面白がって投票する何も考えていない有権者というのが一定程度いるものだ。これまでは、そうした候補者は泡沫候補と呼ばれ、文字通り泡の如く消え去っていったんだが、N国党の出現で様相は一変しちまったようだ。

 
で、そのN国党が愉快犯というポジションをさらに過激化させて、国会のモラルを嘲笑うかのように法の隙間をついて暴れ始めた。その手始めが、戦争小僧・丸山ホダカの取り込みで、節操なんてものはハナっからないんだから、どんなに批判されてもカエルの面になんとやら。戦争小僧なんか、削除したはずのかってのNHKにエールを送るツイートがさらされちゃってるのにシレっとしてますからね。

Photo_20190730080501

 
「政治は数」ということで、没落の世襲政治家・渡辺喜美にも声をかけているらしく、今日にも会見するってね。その他にも、不始末しでかして党を追われたはぐれ鳥議員に手広く根回ししているようだし、N国党の代表は在特会とも関係があるらしいという噂もあるから、ゴミ処理場なんて笑っていると痛い目に会うかもしれませんよ。

 このままいくと、猫おばさんの江川紹子氏がつぶいやいていたように、「『NHKから国民を守る党』から国民を守る会」が必要になるかもしれませんよ、ったく。


丸山議員入党のN国は「見識を問われる」 共産・小池氏

N国党、「政党」へ着々勢力拡大 「政治は数」なりふり構わず

最後に、高校生が制作した「安倍政権6年の暴政」がなかなか秀逸と評判です。ご鑑賞あれ。

室井佑月「大人がいない国」

週刊朝日  201982日号

作家・室井佑月氏は、緊迫化するイラン情勢を前にしても、曖昧な外交姿勢を示す安倍政権に苦言を呈する。

*  *  *
711日の日本経済新聞電子版に、「米、日本に有志連合への協力打診 イラン沖で船舶護衛」という記事が載った。

「トランプ米政権が中東のイラン沖などを航行する民間船舶を護衛するために同盟国の軍などと有志連合の結成をめざし、日本政府に協力を打診したことが10日、分かった」 トランプさんにお願いをされ、安倍首相が断れると思う? そんなことができているならもうとっくにしているわ。

沖縄の民意を守れただろうし、いらない武器を大量買いしていないだろうし、米国にばかり有利なTAG(物品貿易協定)という名のFTA(自由貿易協定)交渉を断れたろう。

今回だってさ、もともとはイランと米国の仲介役をしたかったんではないの? だったら、安倍さんはついこの間イランへ行ってきたのだし、今こそ動くべきじゃんか。トランプ大統領に「米国が核合意に戻ればいいのでは」っていってみろ。それができてこその仲介役だ。それができてこその「外交の安倍」。

しかし、イランから帰国後、この件について安倍首相はあまり話をしようとしない。あたしも彼が米国とイランの仲介役を果たせるとは思っていない。 けどさ、イラン情勢が緊迫し、米国と同盟国のこの国も、多国籍軍としてホルムズ海峡にいかねばならんのだとしたら、その話は国民にしなくてはダメだ。

選挙後に話すのだろうか? 新聞によれば米国の打診が10日だったから、きちんとした返事はしていないまでも、方向性は決めていると思われる。2015年、安倍政権は安保法制を強行採決した。法の解釈を捻じ曲げ、自衛隊を海外に派遣し戦争に参加できる国となった。

あたしは自公維支持者や、彼らを応援している有名人、そしてわかっているくせに物事の本質を我々に伝えようとせず、ただ強きに従ったメディア関係者にいっておきたい。海外から帰ってきた、日の丸国旗をかけられた棺を見ても、あなた方はなにも思わないのかと。

いいや、彼らはそれをも利用するだろう。亡くなった人々を英雄扱いし、異を唱えると非国民扱いする。政治がしっかりしていれば、メディアが勇気を持って政権批判をしていれば、亡くならずに済んだ命もあった、という反省にはならない。

そして、国民は並べられた棺の映像にはじめは驚き、でもそのうち慣れてくる。芸能人のスキャンダルと同等のニュースとして捉えるようになる。選挙があれば、どれだけ不祥事が重なっても、巨大与党へ投票する。

かつて、田中角栄氏は、憲法9条を盾に、泥沼化するベトナム戦争への派兵要請を断った。それはつまり自分が盾になり、米国と戦う覚悟だったということだ。 そんな大人は少なくなった。この国は、見た目は大人の、グロテスクな子どもばかり。ちゃんと大人になろうじゃないか。


米、日本に有志連合への協力打診 イラン沖で船舶護衛

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47215960Q9A710C1MM8000/
2019/7/11 2:00
 日経新聞

トランプ米政権が中東のイラン沖などを航行する民間船舶を護衛するために同盟国の軍などと有志連合の結成をめざし、日本政府に協力を打診したことが10日、分かった。米国は他の同盟国にも呼びかけており、今後、数週間以内に参加国を決める方針だ。日本政府は米側の具体的な要請を見極めながら、参加の是非や参加する場合の法的な枠組みを判断する。

 

↑このページのトップヘ