真実の報道神秘

権力の『おかしな政策』におかしいと報道しない日本で、一人でも『おかしい』と声を上げ、真実を追求して行きます。

PCR 法を開発したノーベル賞を取った人がウイルスの特定にはふさわしくないと言っている(武田邦彦氏の虎ノ門ニュースでの発言、2020724日放送)

 CDC_2019-nCoV_Laboratory_Test_Kit

ネットテレビとして多くの視聴者を持つ「虎ノ門ニュース」で、レギュラー出演している武田邦彦氏が「PCR法を開発したノーベル賞を取った人がウイルスの特定にはふさわしくないと言っている」と発言した。しかし、こうした発言は確認されておらず、武田氏も根拠を示していない。

 

PCR法を開発してノーベル賞を受賞したキャリー・マリス氏が「ウイルスの特定にはふさわしくないと言っている」と言ったことがあるのかどうか調べたが、その根拠とみられる記事には、そのような発言はなかった。


7
24日に配信された虎ノ門ニュースで、中部大学特任教授の武田邦彦氏は次のように発言した。

PCR法を開発したノーベル賞を取った人がウイルスの特定にはふさわしくないと言っていると、一応。これは僕の意見じゃないけど、そういうことが無視されて、PCR検査が一人歩きするとそういうことは問題であると認識しております。


この発言は、武田氏が
4月中旬に別の動画で行った「PCR検査は新型コロナの検査にはならない」という発言についてインファクトがファクトチェックしたのに対し、武田氏が自らの見解を説明する文脈でなされたものだ。この番組はユーチューブで70万回を超える再生回数を記録したが、現在は非公開となっている


PCR法を開発したノーベル賞を取った人」とは、アメリカの生化学者キャリー・マリス氏(Kary Mullis)のこと。PCR法を開発した功績で1993年にノーベル化学賞日本国際賞を受賞し、2019年死去している。


武田氏が指摘する通り、マリス氏が「ウイルスの特定にはふさわしくない」と言っているのか調査した。結論から言うと、マリス氏の過去の発言から
PCR検査を「ウイルスの特定にはふさわしくない」といった発言は確認できなかった。

同内容の言説は海外でも拡散、ファクトチェック済み

facebook_u

調査の中で、
Facebookで武田氏と同様の主張をする英語の投稿があることがわかった。しかし、この投稿は既にロイター通信のファクトチェック班が検証して事実でないとしている。その結果を受けて、Facebookは「一部虚偽の情報」と表示して注意喚起している


同様の言説について、
ポリティファクトや、オーストラリア通信社AAPのファクトチェック班も「誤り」とのファクトチェック結果を発表している。インファクトでは、このFacebookの投稿について更に調査を進めた。すると、「New York Native」という新聞の記事(1996129日)に引用されていたマリス氏のものとされる発言部分と一致した。

そこには以下のように書かれていた(他サイトに転載されたものを引用する)。

(仮訳)ケリー・マリスは…HIVがエイズの原因ではないと確信しています。ウイルスを数えるためにPCRを使おうとするウイルス負荷テストに関して、マリスは『定量的PCRは矛盾している』と述べています。PCRは定性的に物質を識別することを目的としますが、その性質上、数を推定するのには適していません。

ウイルス負荷試験は実際に血液中のウイルスの数を数えるという誤解がよくありますが、これらの試験では遊離感染性のウイルスを検出することはできません。この検査は
HIVに特有だとしばしば誤って考えられているタンパク質のみ検出できます。この検査はウイルスの遺伝子配列を検出できるが、ウイルスそのものは検出できないのです。‘HAS PROVINCETOWN BECOME PROTEASE TOWN?’ By John Lauritsen, New York Native, 9 Dec. 1996

これはマリス氏本人が書いた記事ではなく、記者がマリス氏の発言として引用したものだ。この記事によると、マリス氏は、HIVがエイズの原因であるとの説に疑問を投げかけているが、これはかなり異端の説で、現在の医学の主流の考え方とは異なる(WHOサイト参照)。

それはともかくとして、この記事に出てくる「PCRは定性的に物質を識別することを目的としているが、その性質上、数を推定するのには適していない」という発言は、もともとPCR検査はウイルスのDNAを増殖して検出する仕組みであるがゆえに、エイズ患者の体内にどのくらいの量のHIVウイルスがあるかを調べることには適していないということを説明しているものと言える。

·         大阪大学大阪大学微生物病研究所によるPCR検査についての説明730日更新)

この検査はウイルスの遺伝子配列を検出できるが、ウイルスそのものは検出できない」という部分も、ウイルスそのものではなくウイルスの遺伝子配列を検出するという、そもそものPCR検査の機能の説明をしているものだ。


一方で、新型コロナウイルスの
PCR検査は、既に解析されて共有されている新型コロナウイルスの遺伝子情報に基づいて検出するもので、マリス氏の発言は、そのような方法による検出を否定するものではない。つまり、この記事におけるマリス氏の発言は、PCR検査が「ウイルスの特定にはふさわしくない」と言っているわけではない。ロイター通信のファクトチェック班も、マリス氏の元々の発言の意味がねじ曲げられて伝わっていると指摘している。


発言の根拠は示されず


もちろん、我々もマリス氏の全ての発言を精査することはできるわけではない。そこで、インファクトは、虎ノ門ニュースを通じて武田氏に、マリス氏がそのような発言をしたとする根拠があるのかを質問した。それに対して虎ノ門ニュースは
87日の放送にて回答するとの返答があった。しかし、武田氏は、この番組で発言の根拠を示さなかった。以下は番組の内容を書き起こしたものだ。

まず、司会者がインファクトからの質問を読み上げている。
い、ちょっと読ませて頂きますね。724日の虎ノ門ニュースにて武田邦彦氏が『PCR法を開発したノーベル賞を取った人がウイルスの特定にはふさわしくないと言っている。と、一応これ、これは僕の意見じゃないけどそういうことが無視されて PCR 検査が一人歩きするとそういうことは問題であると認識しております』と発言されています。

武田氏に質問をしたく宜しくお願いします。
PCR 法を開発したノーベル賞を取った人がウイルスの特定にはふさわしくないと言っているとは何を根拠に発言されているのでしょうか。お答え頂きたく宜しくお願いしますと。え、いう質問状をいただいているんですが武田先生いかがでしょうか。

これに応じて、武田氏は次の通り発言していた。

いやまぁ私はね。今コロナってみんな、あの、心配事じゃない。 PCR法と、この頃は抗原検出もあるんですけどね、 やっぱり自分がコロナにかかってるか心配じゃないですか。だからその精度とか、そういうものはもう少しね、僕としてはあの、国民に対して、丁寧に説明した方がいいと。そうしないと、まぁ、国が PCR やってるから PCR 法やればもう絶対に自分がコロナなんだ、というまあ信じてる人もいるのでね。まあそこらへんをアレしてるんで。

結論

PCR 法を開発したノーベル賞を取った人」すなわち、キャリー・マリス氏が「ウイルスの特定にはふさわしくないと言っている」と言ったことがあるのかどうか調べたが、その根拠と見られる記事には、そのような発言はなかった。武田氏も根拠を示していない。ただ、キャリー・マリス氏の全発言を調べてそのような発言をしていないという証明(悪魔の証明)は不可能だ。よって、「根拠不明」と判定した。


(冒頭写真:アメリカ
CDCPCR検査キット=Wikimedia Commonsより)

(インファクトはFIJ新型コロナ国際ファクトチェック・プロジェクトに参加しており、この記事にはFIJのリサーチャーが協力している。)


INFACT
ファクトチェック・イニシアティブ(FIJ)のメディアパートナーに加盟しています。この記事は、INFACTのファクトチェック基本方針、およびFIJのレーティング基準に基づいて作成しました。

「国民に一律10万円再支給するつもりはない」(麻生太郎)・・・税金はお前の金じゃない!!&「(政府に対して)いちいちケチをつけるもんじゃない」(二階自民党幹事長)・・・殴るぞ!!

 くろねこの短語 2021/1/20

歩く暴言野郎、ひょっとこ麻生がまたやってくれた。なんとまあ、特定給付金について「国民に一律10万円の支給をするつもりはない」とさ。さらに、コロナ禍で生活困窮に陥ったひとたちへの給付も否定したそうで、オザワンが「食べ物にも事欠く方々は確実に増え、炊き出しも目立つ。政治が寄り添うべき時に、財政庁の都合により全ての可能性を簡単に否定するのはあまりに残酷な物言い」とツイートするのもむべなるかなってものです。

 
そもそも、「支給をするつもりはない」って、まるで自分の金で施しするようなこと言ってるけど、原資は税金ですからね。国民の金なんだよね。税金はひょっとこの財布じゃありませんよ、ったく。

 
コロナ禍を乗り切るには、まずは手厚い補償が基本なのだ。補償があればこその外出自粛、営業自粛ってことだ。それが理解できない限り、この政権がコロナ禍に打ち勝つことは絶対にできません。


一律10万円の再給付「するつもりはない」 麻生財務相

社会性の欠如した発言ってのは、何もひょっとこ麻生ではないようで、土建政治の二階のおっさんもNHK『クローズアップ現代+』のインタビューに、政府のやり方について「いちいちケチをつけるもんじゃない」って言い放ったってね。

 
論評するのも馬鹿馬鹿しいほどのクソ発言ですね。老害って言うよりも、人間としての品性の問題だろう。自民党には衆議院比例区では「72歳定年制」ってのがあるんだから、選挙区でもその規定を適用して、ひょっとこ麻生や土建政治の二階のような薄汚れた爺さんを排除したらどうだ・・・ま、世襲議員だらけの自民党に自浄作用を期待しても無理だろうけど。

子供じゃあるまいし公で施政方針演説を練習していたと笑顔で言えるかなあ?

まる子姫の独り言 2021/1/19

菅のズレ感は半端ない。施政方針演説を一通り復唱していましたなんて、記者に言える神経が分からない。しかもこの状況下でこの笑顔。
6eyxhzpc


菅総理、就任後初の“全休”「施政方針演説などを一通り復唱していました」         1/18(月) 8:28配信 ABEMA TIMES


>また、昨日が就任後初めての休日だったことについて問われると、「総理大臣に就任して初めての全休でありました。今日の施政方針演説、そうしたことを一通り復唱していました」と笑顔も見せた。

子供じゃあるまいし。楽屋裏を記者に披露してどうするのか。昨日は一日休みだったと報道されていたが、この人、一生懸命演説の練習をしていたのか。演説を練習するのは結構な話だが、なぜそれを記者に説明するのか。


こういうことは、ふつう黙っていて、成果を見せるものじゃないの?
スポーツ選手を見ていると陰ではどんな努力をしていても表に出て来たときは、何事もなかったように試合をする。どれだけ練習してきたか、努力してきたかなど何一つ言わない。


我が国の政治のトップは、いかに練習したかを国民に知ってもらいたかったようだ。しかし、これだけ底が浅いと情けなくなる。菅の特徴は、私たち国民がここで笑うか?という時に、必ず笑ってなんらかのアピール。


空気を知らないと言うか読めないと言うか、とことんズレている。
公で、練習したと披露するのもビックリしたが、他人の書いた原稿をただただ練習して読み上げると言うのもビックリだ。


自分が書いた原稿をチェックするならまだしも、他人の書いた原稿を何の疑いもなく読む人が政治のトップと言う、それを恥ずかしげもなく公の場で言えると言う神経。どうなっているの?この人の頭は。


多くの国民は、短くてもいいから自分の言葉で語れと言っているのに、他人の書いた原稿を読む事に何のためらいもなくできてしまい、それを当然のように語る。

ハア・脱力、
あれだけの年になったら、たくさん人生経験をしてきて、その場その場で、臨機応変に対応できてよさそうなものを、どうしてここまでピントがズレているのか知りたい。申し訳ないけど、こんな人では有事の際に役に立つはずがない。

「国民に負担をお願いする政策の必要性を国民に説明し、理解してもらわなければならない」(カス総理)・・・言ってろ!!&河野太郎がワクチン担当相の場当たり人事!!&罰則ありきの特措法改正案を自公が了承!!

 くろねこの短語 2021/1/19

「私が、一貫して追い求めてきたものは、国民の皆さんの『安心』」そして『希望』です」で始まり、「国民に負担をお願いする政策も必要になる。その必要性を国民に説明し、理解してもらわなければならない」で終わった特高顔のカス総理の所信表明演説。惹句と結句の呆れるほどの白々しさに、開いた口が塞がりません。

 
なんでも、17日は外出しないで所信表明演説の復習をしていたというんだが、それでも随所に読み間違いがあったりして、ようするにこの男には「集中力」ってものが根本的に欠けてるんだね。だから、コロナ対策ひとつとっても場当たり的になっちまう。


菅首相の思い・本気度 今ひとつ伝わらない施政方針 従来発言繰り返し

首相、施政方針でも言い間違い 「主体」を「ゼンタイ」


菅総理 就任後初の施政方針演説(2021年1月18日)

場当たりとくれば、雨男・河野君のワクチン担当相ってのも、その典型なんだね。そもそも、経済担当相の女体盛り・西川君がコロナ担当ってのもおかしなもので、なこんなものは厚労相が一手に引き受けるものだろう。

 
雨男・河野君はツイッターでちょいと突っ込まれるとすぐブロクするので有名なんだが、気に入らない奴にはワクチン打たせないなんて言い出したりしないだろうねえ。


コロナワクチン担当の河野氏「各省ヒアリングから」始動

最後に、カス政権が提出予定の罰則ありきの新型コロナ特措法や感染症法の改正案を自公が了承したってね。それに対して、Facebookでこんな秀逸なコメントを見つけたので、それをご紹介してお後がよろしいようで。


<新型コロナ>事業者への財政支援、義務化へ 新型コロナ特措法改正案 罰則も導入

(これより引用)

選挙民のおかげで生活成り立っているのに国民が飲食店が時短営業に従わなかったり少しでも違反をしたりすると罰則規定。
それをやるなら
違法選挙やった者
国会で居眠りやった者
公職にありながら経費と偽り
浮気ホテル代を公金で支払った者
国民に密は避けろ会食は避けろと言いながら
会議のふりして豪華な宴会をやった者
その他文春ネタになるような行為をした者
全てに罰則規定設けたらどうですか。
まずは先陣を切って潔く罰せられて下さい。
税金を国の、国民のために使う権利がるなら
正しく使う義務がある。

次期首相 有力候補

菅政権の支持率低下を受けてか、早くも「ポスト菅」が話題になっている。毎日新聞の調査によると、トップは河野太郎だそうだ。  

 

さすがです。河野さん、リーダーシップといい知性の高さといい、まさに理想のリーダーとなれる方です。

 
菅首相には、自分の言葉で説明する能力が低いと言われます。記者会見でも下の原稿を読むだけ。記者からの質問も事前打ち合わせ通りで、質問への答えも原稿が用意されていると言われるところです。

 
その点、河野氏は素晴らしい。記者だけでなく、その背後の国民に対して丁寧に説明しようとする姿勢がよく表れている動画です。外務大臣時代の記者会見の映像です。
特に素晴らしいのが6:43から、日露関係についてです。どうぞ、ご覧下さい。 

 

 

 

見たいものしか見ない菅の意見交換相手は、問題多き慈恵医大の大木教授

まる子姫の独り言 2021/1/18

菅は国民への視点がまったくないのに、自分を忖度してくれる学者や政治ゴロを見つける眼力は天才的なものがあるよな。良い例が、最近テレビに出ずっぱりで、メディアで「政治ジャーナリスト」と冠をつけられている田崎史郎。通称、スシロー


今日もモーニングショーに出ていたが、司会の羽鳥が政府の考えを田崎にお伺いを立てる場面ばかり。それほど政府の考えを必要とするなら、本物の政府の広報が国民に対して呼びかけるべきだろうに。

なんで官邸から毒饅頭を貰っているような田崎がしょっちゅうテレビに出てくるのか、
メディアのいい加減な所は、恫喝しか能の無い使い物にならない菅総理に対しても、「パンケーキおじさん、苦労人、鉄壁、安定の等々」いかにも庶民派であり有能な議員イメージを作り上げてきたところだ。


平時の際や官房長官時代は、記者の質問をシャットアウトするだけで、虚像を守ってこられただろうが、有事の際、そして総理になったら、こんな虚像など一発で吹っ飛ぶものだったのに。


案の定、有能とされてきた菅の役に立たない事おびただしい。
菅は、幅広い意見を聞いて政策を組み立てる人物ではなく、自分に都合の良い意見を聞いてしか物事を進められない人物のようで、だから国民の願いや悲痛な叫びは遠のけられるのだろうとは想像がつく。


毎日のように行った来た朝会食だって、その中に庶民が入っていない以上、菅に耳障りの良い意見や進言になるのは目に見えている。
菅と面会して1時間も意見を交わしたとされる大木教授は、調べたところ去年の6月にも前総理の安倍と1時間半も意見交換をしていたと言う人物だ。


菅首相 医療人材や病床確保めぐり大学教授と意見交換                2021年1月16日 22時34分  NHK


>新型コロナウイルス対策で、菅総理大臣は東京慈恵会医科大学の教授と面会し、医療人材や病床を確保するための方策をめぐって意見を交わしました。

>そのうえで「医療崩壊ということばが盛んに言われているが、97%、96%のベッドがコロナに使われず、一般の医療に使われており、余力が日本にはある。民間病院が、商売として『コロナをやりたい』と思うぐらいのインセンティブをつければ、日本の医療体制は瞬く間に強化される。菅総理大臣は『久しぶりに明るい話を聞いた』と言っていた」と述べました。


この大木教授の、「商売としてコロナをやりたい」は、いかにも金権体質的な考えで、患者を金の成る木のように思っているのか、すごく不愉快になる。
そして「日本の医療体制は瞬く間に強化される」で思い出したのが、安倍に進言した佐伯と言う官僚の「布マスクで国民の不安はパッと消えますよ」発言。


そんなにたちどころに自体が変わるとも思えず、国民を侮っているか馬鹿にしているとしか思えない。
こんなに簡単に一人の甘言に乘ってしまうよう人間が、国民を導く立場の政治のトップと言う悲劇、恐怖。


大木教授の発言に何の疑いもなく、「久しぶりに明るい話を聞いた」と本気で思っているとしたら、もう絶望的だ。菅は、大木の発言を真に受けて、ますます民間病院を窮地に陥れるのではないか。


しかし、大木の「97%、96%のベッドがコロナに使われず、一般の医療に使われており、余力が日本にはある」発言を、ネトウヨたちは簡単に信じてそれをどんどん拡散させていくのだろう。

そして、政府の要請に応じたくても応じられない病院に対して、悪しざまに罵るのだろう。

菅は一刻も早く、サイゼリアの社長の心からの叫びを聞くべしだ。

東京オリンピック中止の判断を国連に・・・誰も責任とりたくないってことか!!&悪夢のカス政権支持率急落・・・軒並み30%台に!!

 くろねこの短語 2021/1/18

昨日のエントリーで、海外メディアの「オリンピック中止の可能性」報道について書いたんだが、IOC元副会長が「スポーツの枠を超えた問題として国連に判断を委ねる可能性を指摘」したってさ。「これは単なるスポーツの問題、国益に関する問題を超えている。

第三者を探しているなら国連に行き、大会をこのまま進めるかどうか解決を求め、関与を求める事例かもしれない」ってんだが、つまりアメリカのTV局への放送権料などの補償なんかがあって、誰もオリンピック中止の言い出しっぺになりたくないものだから、いっそのこと国連にどうにかしてくれってことなのだろう。

IOCはもとより、JOCも腹の中では「オリンピック中止」は既定路線で、要はオリンピック中止後の諸々の金銭問題をどこが責任とるかという綱引きしてるってことだ。妄想だけど。


五輪開催の可否、国連が判断? IOC名誉委員が指摘

でもって、「東京オリンピックを必ずやり切る」の特高顔・カス総理の支持率が急落だそうで、なんと軒並み30%台になったってね。これで東京オリンピックが中止になったら、もう悪夢のカス政権はニッチもサッチもいかなくなって、自民党内からもカス降ろしの声が強まってくるんじゃないのかねえ。

 
今日から始まる通常国会では、コロナはもちろん、サクラ疑惑や日本学術会議問題だって終わったわけじゃないから、おそらくサウンドバック状態になってボロボロになるのは目に見えている。ひょっとしたら、あまりの醜態に6月の閉会までもたないってこともあるんじゃないか・・・なんて妄想も楽しい月曜の朝である。


菅政権の行方に黄信号、コロナ禍で支持率急落-きょう施政方針演説

↑このページのトップヘ