真実の報道神秘

権力の『おかしな政策』におかしいと報道しない日本で、一人でも『おかしい』と声を上げ、真実を追求して行きます。

「赤木ファイル」開示! 改竄初日に安倍昭恵に関する記述の削除について「できる限り早急に」の指示!!&五輪会場での酒類販売見送り!&小池都知事が体調不良で休養!!

 くろねこの短語 2021/6/23

森友学園疑獄の公文書改竄の経緯を綴った「赤木ファイル」がようやく開示された。改竄に関わった職員の名前は黒塗りされているそうだが、改竄が始まった初日にペテン師・シンゾーの私人の嫁に関する記述の削除について「できる限り早急に」という指示があったことがハッキリと記されていて、生々しい改竄の実態が読みとれる一級の資料となっているようだ。

 
ひょっとこ麻生は「財務省としてできる限りの調査は尽くしている」から再調査はしないとか。でも、公文書改竄ってのは明らかな犯罪なのに、関わっとされる職員は罪に問われることなく、それどころか改竄の首謀者であるシュレッダー佐川君のようにその多くは栄転してるんだよね。

 
そもそも、官僚の犯罪ってのは、彼らを監督している大臣が最終的な責任をとるべきもので、森友学園疑獄ではひょっとこ麻生がその立場にある。ところが、この男は自ら職を辞することもなく、いまだにのうのうと財務大臣でございとふんぞり返ってるんだから罪深い。

 
「赤木ファイル」の開示が国会閉幕後ってのも、計算したんだろうね。国会開会中だと、野党から手厳しく追及されて、ペテン師・シンゾーの証人喚問なんてことも起きないとも限らない。そうなれば、秋の衆議院選挙にだって影響してきますからね。

 
国会が閉じたいま、「赤木ファイル」について追及できるのは野党よりもメディアなんだよね。でもなあ、コロナとオリンピックで舞い上がっちゃってるから、あまり期待期はできないんでしょうね。


森友問題「赤木ファイル」黒塗りでも読み解けたこと、残った謎 安倍昭恵氏の削除は初日に指示

決裁文書「議員に持って行くつもりない」 森友問題「赤木ファイル」ににじむ財務省の「本音」

ところで、オリンピック会場での酒類販売が見送りになったってね。ようするにちょいとリークして世間の反応を伺ったってことなんじゃないのか。

 
語るに落ちたのがルーピー丸川君で、「大会の性質上、ステークホルダー(利害関係者)の存在があるので組織委はそのことを念頭に検討している」なんてことを口にして呆れられてます。独占販売契約しているアサヒビールが念頭にあっての発言じゃないのかなんて名指しされたアサヒビールこそいい面の皮ってもんです。


五輪会場の酒類提供、一転見送りに 政府・与党からも「国民に見放される」と反対論

 最後に、フリップ小池君が体調不良でしばし休養だってさ。オリンピック開催都市の長としての責任はどこいっちゃったんだろうね。このままずっと休養してればいいのに。

東京都の小池知事 「過度の疲労」で静養 都内の病院に入院、今週の公務離れる

五輪開会式、色んな枠が出現し青天井の観客数、そして狂気の酒OK

まる子姫の独り言 2021/6/22

本当に信じられないことが毎日起きる。何でここまで五輪が治外法権・特権になるのか、五輪の観客数がどんどん増えてくる。〇〇枠に、大会関係者は別枠とまで言い出し、上限1万人が知らぬうちに何万人規模。


上限1万人と言うのも、分科会の尾身会長は五輪以外のイベントについて語ったことを、五輪に勝手に当てはめた政府や五輪村。
しかも飲酒もOKに。もう気が狂っているとしか思えない五輪村。ひょとしたら今回は、コロナウイルス全員集合になりかねない、コロナウイルスが一堂に会して誰が優勝するかの展開に。


開会式入場者2万人が波紋 「別枠」、野党は問題視 東京五輪                 
              6/22(火) 7:07配信 時事通信

>大会関係者を「別枠」とするもので、新型コロナウイルス対策を徹底する中、特別扱いとも映る対応に疑問の声が上がっている。

>組織委幹部は開会式について「特別なイベントだ。入場者は2万~3万人になってもいい」と語った。観客とは別に追加で想定しているのはスポンサー招待客らだ。

>組織委の武藤敏郎事務総長は21日、政府、東京都などとの5者協議後の記者会見で「大会運営に関係する人たちは主催者で、観客ではないという観点から1万人とは別途考える」と述べ、「別枠」による受け入れを認めた。


大会関係者は主催者で観客ではないという理屈が分からない。例え観客じゃなくても、人は増えるわけでそれに沿ってウイルスも移動する。
枠を言い出したら、○○枠、なんとか枠で観客人数は青天井。


「国民の命と健康を守る」と言った総理が、国民の声も分科会の提言もまったく聞く気が無く、自分達の勝手な論理で突っ走る。
しかしなんで日本の国民があれもダメ、これもダメで長く我慢を強いられ、世界からやってきた関係者のために犠牲にならなければいけないのか。


日本中で、飲食・酒がコロナウイルスのまん延に一役買っているという事で多くの規制をしてきたのに、五輪の会場では酒類販売もOKと言うのは筋が通らない。国民の観戦者には直行直帰、談笑もダメなのに、会場内では飲酒OKというのは、どう考えても五輪ビップ枠で招待した人に配慮しての方策としか見えない。


上級国民たちが、飲食・酒を供して開会式を楽しんでいるのに、一般観戦者が飲食無しではカッコが付かないから飲食・飲酒OKに変えたのではないか。
菅は五倫は「安心安全」と言い、観客数もどんどん膨れ上がり、飲食・飲酒OKなら、飲食店、一般国民も遠慮はいらないのと違うか?


平時の時のように陽気に浮かれて街に繰り出し、飲食店に入り酒OKで良いんじゃない?
政府が国民無視を決め込むなら、国民も我慢する必要はない。
しかし、モーニングショーに出てくるスポーツライターの小林某というのは田崎と同じく政権御用達の1人にしか見えない。権力側の物の見方しかしない御仁だ。今日も、権力に味方をするような発言ばかりだった。

五輪開会式は2万人! 大会関係者は「別枠」ときたか・・・だったら、居酒屋も「別枠」でお客をどんどん入れちゃえばいいんじゃないの!!&「尾身提言に『中止』なかったので開催する」(橋本聖子大会組織委会長)・・サイテー!!

 くろねこの短語 2021/6/22

大会関係者は別枠だとさ。だから、開会式の入場者は、一般の観客1万人を含めた2万人になるんだとか。だったら、大会関係者って具体的に誰を差すのか。大会組織委員会によると、「大会関係者は国際オリンピック委員会(IOC)の委員や家族、各国際競技連盟の幹部」で、おそらくこれに大会スポンサーの企業が加わってくるんだろうね。

 
ようするに、一般の観客を入れない、つまり無観客で開催すると、開会式にはIOCや競技連盟の家族や幹部、それに大会スポンサーの招待客などの“富裕層”のお歴々がひな壇に居並ぶことになって、それでは金満オリンピックになっちまうから、それは是が非でも避けたいってことなのだろう。

 
さらに、学徒動員と揶揄される「学校連携観戦プログラム」も別枠だってさ。「若い世代に感動を体験してもらう」のが趣旨だそうで、なんだ感動の押し売りかい。教職員の引率により会場への行き帰りも含めた行動管理が可能だから、感染リスクも低減できるってんだが、もし感染したら教職員の責任ってことなりかねませんよ。

 
おそらく、これからも「別枠」をいいことに、どんどん「関係者」が増えていくんじゃないのかねえ。観客1万人なんてのはあくまでも便宜的なもので、これからも観客数はなし崩し的に拡大されていくことになりますよ。
こうなったら、居酒屋も「別枠」ってことで、じゃんじゃん客入れちゃえばいいんじゃないの。

 
最後に、大会組織委会長の橋本セクハラ聖子君がこともあろうに、「今回『中止』ということが尾身会長からも提言にはなかったので、いままでやってきたことの集大成として、しっかりとした対策を含めながら、8年間の準備をしてきた東京大会を開催に向けて努力をしていきたい」だとさ。

こういう発言を、ほとんどのメディアがスルーすること自体が、オリンピックの闇を証明しているってことだ。このところ、「メディアにも責任がある」って声が一部のジャーナリストから聞こえてくるけど、おせーよ!!


五輪の観客上限1万人にこだわった菅政権 感染拡大防止に重い責任 有識者の提言に背を向け流れつくる

五輪観客上限の政府決定に専門家有志の提言反映されず 専門家は感染再拡大への懸念示すも批判は少なく

橋本会長「尾身提言に『中止』なかった」 対策に「尾身先生から高い評価」とも

川渕、報道に「不満でも協力を」メディアは嬉々として大本営発表をしそう

まる子姫の独り言 2021/6/21

権力者思考しか持っていない尊大な川渕は、この期に及んでも見苦しい発言を繰り返す。


川淵三郎氏、五輪報道に「不満でも協力を」 記者に協力要請                  6/20(日) 17:10配信 毎日新聞


>川淵氏は内覧会でのあいさつで「この数カ月間、日本で大会開催のいかんについてマスコミを通じて相当な議論があった」と切り出した上で、「国民の大半は開催に賛成していなかったが、ここに来て『オリンピックはしょうがないかな』という形で認めてもらっている」と述べた。

>川淵氏は大会に出場する選手への純粋な声援を求め「(報道陣も)不満もあるでしょうが、ここまで来たのだから日本の国力、信頼感、日本のプライドを世界に発信していけるように支援をお願いしたい。マスコミもそこに心を砕いてもらいたい」と語った。


川渕の発言を要約すると、ここまで政府はなし崩し的に五輪開催の方向へ誘導してきて、当初賛成していなかった国民も仕方がないと認めたと。記者連中は、政府の大本営発表を世界に向けて綺麗に発信してくれと言う事か。
虫が良すぎる。


政府は自分達だけで既成事実を作り上げ五輪開催をごり押ししてきただけの話だ。未だに国民の反発は根強い。
国民は決して五輪開催は仕方がないと思っている訳ではない。それが証拠に、開会式に2万人もの観客を入れる案に対して、組織委員会にものすごい批判が殺到しているという。


今までは多くの人が中止か・延期を求めてきたが、ごり押し菅が勝手にG7で五輪開催を表明しただけだが、これが国内の流れを変えてしまった。
これもメディアがそういう流れを作ったのではないか。


分科会は、この発言で開催もやむなしだが無観客に傾き、国民も無観客ならと消極的に考えているだけで、有観客の五輪は仕方がないとあきらめてはいない。
勝手に拡大解釈しないで貰いたい。ここへ来ても「無観客」が最後の砦として残っていると思う。


しかし、有観客の五輪は本当に怖い。日本にたったの2チームが入国しただけなのにすでに1名の陽性者が出ている。これから何万人規模の五輪関係者が入ってきたらどうなるのか。結局、選手は五輪が終われば帰国できるが、逃げることのできない日本国民はすべてのツケを追わなければいけない。


政府は国民の声など聴く耳持たないし、なんともやるせない気持ちだ。
この川渕の発言で、五輪のスポンサーであるメディアは、これでお墨付きを頂いたとばかりに、大本営発表を公然と繰り広げるのだろう。


なにせ、メディアは大スポンサーだから最後は五輪に反対する訳がない。
しかし川渕、森の女性蔑視発言で、森の勝手な禅譲で川渕にお鉢が回って来かかったが、それがバレ結局は会長職は叶わなかった。


どこへ消えたと思っていたが知らぬ間に「選手村村長」に。
やっぱり既得権益を持っている方は、不祥事や問題発言があってその時は職を追われても、永久追放ではなく、仲間内で融通し合っているのがよくわかる。


みんな、お友達なのだ。税金に群がる強欲連中は、ほとぼりが冷めたらすぐに表舞台に出てくる。アホらしくなる。
不祥事をやらかした自民党議員を見ていたらよくわかる。今、説明責任を果たさなければいけない議員が、シレーとして表に出てきて偉そうに語っている。安倍とか、甘利とか、下村とか。。。。

「東京オリ・パラは国際社会に約束したイベント」「日本の国力、信頼感、日本のプライドを世界に発信していける報道を」(川淵三郎選手村村長)・・・何を寝ぼけたことを!!&ウガンダ選手団からコロナ陽性者!!

 くろねこの短語 2021/6/21

オリンピック強行開催の既定路線をより強固なものにするるためなのだろう。東京オリ・パラの選手村が初公開された。大会組織委会長就任を土壇場で反故にされ、しばらく息をひそめていた村長さん、川淵三郎君がここぞとばかりに登場して、こんなコメントしたそうな。


「国民の大半は開催に賛成していなかったが、ここに来て『オリンピックはしょうがないかな』という形で認めてもらっている」「国内の需要だけで五輪を開催するかどうかという議論ばかりがなされている。五輪・パラリンピックは国際社会に約束したイベントであるという立場での議論がほとんど行われていない」

「(報道陣も)不満もあるでしょうが、ここまで来たのだから日本の国力、信頼感、日本のプライドを世界に発信していけるように支援をお願いしたい。マスコミもそこに心を砕いてもらいたい」

 
何を寝ぼけたことを言いやがる。こんなんだから大会組織委会長もみすみす辞退に追い込まれちゃうんだね。それにしても、いつからオリンピック開催が「国際公約」になったんだ。「日本の国力、信頼感、日本のプライドを世界に発信していけるよう」な報道をお願いするってのも、なんだか大本営発表の復活みたいでなんとも胡散臭い。

 
こんなひとが選手村の村長なんだもの、「家でひとりでビールを飲むようなもの」だからってんで選手村への酒類持ち込みが容認されたりするんだね。でもって、配布される予定だったコンドームは、帰国時に空港で配るんだとか。なんのこっちゃ。


東京五輪・パラ選手村内部写真を一挙公開 川淵村長「日本の国力、プライドを世界に示す」 飲酒は可に

ところで、来日したウガンダ選手団の中からコロナ陽性者が出たってのに、その他の選手はそのまま合宿所に移動したってね。水際作戦と言ったってこんな程度なんだから、世界中から選手団が来日し始めたらどんなことになるか・・・想像するだに恐ろしい今日この頃なのだ。

国民はオリンピックを「安全・安心」とは全く思っていない。東京インパールオリンピックとなる。


毎日新聞が、菅首相、橋本会長、小池知事が念仏のように安心・安全にオリンピックをやると言っている。その念仏を国民は断を下した。安全・安心な東京五輪 「できない」と64%の人が思っていることがわかった。

この数値は、今までの設問のオリンピックは中止、もしくは延期の60%、70%の数値と意味がかなり違う。設問はもうオリンピックをやることを前提に、菅、橋本が言う安全・安心なオリンピックが出来ると思うか?という問いである。これに64%は出来ないと思っている。これに菅、橋本、小池はどう思っているのか?

最近、小池知事は極力、オリンピックの話に出て来なくなった。相当引いている。風見鶏の小池の本領発揮である。なるべく目立たないようしている。オリンピックが成功することがわかっていれば、どんどん出て来るはずである。

個人的な推測では、小池は自民党にオリンピックは中止にした方がいいのではないかと言っているように思える。これは菅は困るので小池をなだめている状態ではないかと思っている。だから、目立つことを第一とする小池が全然表に出て来ない理由ではないかと思っている(あくまで推測)。

今日、ウガンダのオリンピック選手9人が入国しただけで、1人のコロナ陽性者が出た。他のメンバーは濃厚接触のはずだが、受け入れ先の泉佐野市に行ってしまった。この例をみても、検査体制の弱いアフリカ大陸、南アメリカ大陸等の国々がどんどん入って来る。

きっと最悪のオリンピックとなる。これで日本ばかりでなく、全世界にコロナが蔓延する。
東京インパールオリンピックとなる。

安全・安心な東京五輪 「できない」64% 毎日新聞世論調査
https://mainichi.jp/articles/20210619/k00/00m/010/137000c

西日を浴びる五輪マーク=東京都新宿区で、小川昌宏撮影
 
毎日新聞と社会調査研究センターは19日、全国世論調査を実施した。東京オリンピック・パラリンピックに関して、政府が国内の観客を入れて開催する検討をしていることについて「妥当だ」との回答は22%にとどまった。「国内の観客も入れずに無観客で開催すべきだ」は31%に上った。

5月22日の前回調査で「無観客で開催すべきだ」は13%だった。「中止すべきだ」は30%で前回(40%)より10ポイント減少し、「再び延期すべきだ」は12%で前回(23%)より11ポイント下がった。「中止」と「再延期」を合わせて4割超となった。「わからない」は5%(前回3%)だった。
 
菅義偉首相は東京五輪について「安全・安心な大会を実現する」と繰り返している。安全、安心な形で開催できると思うかとの問いでは、「できると思う」は20%にとどまり、「できるとは思わない」は64%に上った。

東京五輪へ来日のウガンダ選手団 1人がコロナ陽性判明
https://mainichi.jp/articles/20210620/k00/00m/050/001000c
 
東京オリンピック出場のため19日午後、成田空港に到着したウガンダ代表選手団が新型コロナウイルスのPCR検査を受け、メンバー9人のうち1人が陽性反応を示した。残り8人はホストタウンの大阪府泉佐野市に向け、20日未明にバスで出発した。
 
同市などによると、空港での検査で判明した。来日したのはボクシング、重量挙げ、競泳の選手やコーチら計9人。いずれも新型コロナワクチンの2回接種を終えていたという。残りのメンバーは20日午前に同市に到着する予定で、合宿期間は7月19日まで。新型コロナ感染拡大で五輪延期が決まった後、海外チームの来日は2例目。

五輪ウガンダ代表の陽性が判明、橋下は検査拡大を言った人は反省しろと

まる子姫の独り言 2021/6/20

ウガンダ代表の選手の陽性判明に対しての、橋下の発言はまったく理解できない。PCR検査拡大を言っていた人は反省しろという橋下。どうしてこんなへそが曲がったような思考になるのか。


橋下徹氏、ウガンダ代表の陽性者判明で「むやみに検査拡大を言っていた人たちは、これを見て反省して」
                 6/20(日) 8:19配信 スポーツ報知


>内閣官房によると、選手団の陽性者は入国できなかった。英アストラゼネカ製のワクチンを2回接種し、出国前72時間以内に受けた検査の陰性証明書も提出していた。到着後の抗原検査で陰性とならず、PCR検査を受けた。

>さらに「本題から外れるんですが」とした上で「こういう状況を見てもらえれば、今までずっとPCR検査をいつでも誰でもどこでもみんなでやることによって、陽性者を隔離するなんてことを言っていた人、たくさんいますけど、できないんです、1回ぐらいのPCR検査では。何回も何回も繰り返すことによってしか対応できない。むやみに検査拡大を言っていた人たちは、これを見て反省してもらいたい」と指摘していた。


この人、弁護士のはずなのに論理的な発言ができない。
この検査も後で抗原検査と言う事が分かってきたが、本来ならPCR検査を何度もすることによって感染拡大を防ぐことが出来るのであって、多くの人が言ってきた検査拡大は何の不都合もない。


何故、反省をしなければいけないのだろう。
ウガンダの選手が陽性判明したことは、PCR検査の結果だろうし不幸中の幸いで入国できなかったのは由しとするべきだろうに。そもそも、誰も一回だけのPCR検査とは言っていない。


組織委員会は、五輪選手に対しては何回も検査を繰り返して感染者を見つけると言っているのに、橋下は誰も理解できない思考に陥っている。


>今までずっとPCR検査をいつでも誰でもどこでもみんなでやることによって、陽性者を隔離するなんてことを言っていた人、たくさんいますけど。


これがコロナウイルスに対しての王道だと思うし、ましてや世界各国から日本に入国するとなれば、検査は何度も何度も行う。
それしかない。誰も理解できない発言をして平気な橋下,どうかしている。 


海外では、日本のように無暗にPCR検査を否定することなく、誰でもどこでも何回も無料検査を受けられるシステムになっている。日本だけは世界の潮流と逆行して感染が少しも収まらず今に至る。


日本の場合は、自覚症状があり希望しても検査は有料になったり、検査自体渋ってきた。
今回、何度も検査したから、陽性者を発見でき、隔離できたのだろうに、なぜPCR検査に対して敵対意識を持つのか。


そもそも、橋下は人には「コロナは風邪みたいなものだから家で寝ていたら直る」と言って来たのに、自分の少しの体調不良で公的なPCR検査を受けた御仁だから、PCR検査についていろいろな御託を並べても、なにも説得力がない。


そもそも陰性証明を受けていても、いろんな場で受けたPCR検査で陽性になるという事もあるわけだから、検査拡大は当然だと思うが。結局、変異株の場合、感染力も強くて、どこでどう感染するかわからないという事で、他国に入国する人は特に何回も受けてもらわないと困る。


それだけ変異株の感染リスクは高いという事だ。
テレビに出てきて要らぬことばかり言う橋下は正真正銘の扇動屋だな。

オリンピック開会式の観客上限2万人で検討中・・・正気の沙汰じゃないな!!&東京都がすべてのPV中止・・・都議選を意識したってわけか!!

 くろねこの短語 2021/6/20

開催の是非がいつのまにかすっ飛んじゃって、いまや観客上限1万人での強行開催が既定路線となっている中、なんとまあ、それでも飽き足らないってんで「東京オリンピックの開会式の観客について、大会組織委員会などは、2万人を上限に検討していることがわかりました」とさ。

 
記事によれば、もともと開会式の観客数は2万7000人とされていたのを2万人に減らすことで検討中だそうで、ようするに上限1万人には何の科学的根拠もないってことを証明しちゃったようなものなんだね。

 
しかしまあ、ここまでオリンピック強行開催に固執するってのは、もう正気の沙汰じゃありません。こうなったら、メディアが先頭に立ってオリンピックによって感染拡大した際の責任の所在を明らかにすべきだろう。ポンコツ野郎のおかげでコロナ感染した日にゃ、死ぬに死ねませんよ、ったく。


東京五輪の開会式 観客2万人を上限に検討

ところで、あたかも尾身シェンシェイたちの提言を受けてかのようなタイミングで、フリップ小池君がすべてのPV(パブリックビューイング)を中止するって発表した。「東京オリンピック・パラリンピックを成功させていくためにさまざまな観点から必要な対策だと考えている」ってコメントしてるけど、だったらもっと早くに中止の決定できたはずなんだね。

 
いやいや、そんなことはありません。わさわざこの時期を狙ったのは、、都議選が近づいてきたからに決まってます。そのくらいの計算はフリップ小池くんならして当然だし、そうした読みだけが取柄の政治屋ですからね。もっとも、あまりにもあざと過ぎて、もうその手口は通用しないだろうけど・・・。


東京都の五輪パブリックビューイングすべて中止 小池知事

高いチケットで五輪観戦後、談笑もだめ・直帰直行、何が楽しいんだか

まる子姫の独り言 2021/6/19

あれもダメ、これもダメの五輪観戦、これで本当にスポーツを楽しめるんだろうか。


東京五輪 観戦者へのガイドライン素案公表 直行直帰求める 社会へ不要不急の外出も? 
      6/18(金) 13:18配信 デイリースポーツ


>複数の資料を公開し、観戦者へのガイドライン素案を公表した。マスク着用や手指消毒などの基本的な感染対策のほかに、人流抑制の観点から会場への直行直帰や時差来場、路上での飲食、談笑の自粛などを求めた。

>岡部信彦座長(川崎市健康安全研究所長)は「人流増加は社会全体の影響が大きい。不要不急の外出を控えるように政府、都には呼びかけてもらいたい。


このガイドラインのどこが「安心安全」なのか、
五輪期間中は不要不急の外出を控えるようにと言う、この文言も「安心安全」じゃないからこその呼びかけだろうに。国民の税金を使っての五輪開催は多くの人にとって喜ぶべき大きな行事なのに、五輪のチケットを持っている人、あるいは五輪ファミリーなど一部の人しか恩恵を受けられないとは。


ほとんどの国民は家でテレビで観戦、不要不急じゃなかったら家にこもっておれ。
全く矛盾だらけだ。スポーツ観戦にしても、声を上げるな、談笑するな、見たらすぐ帰れ。高いお金を払ってチケット入手した人が、感染に対してお通夜のような扱いでは、私は違うところで記念になるというか記憶に残るのではないかと思う。


しかし、わざわざスポーツ観戦した人に対して「直行直帰」は気の毒にもなる。
「安心安全」なのに、本来するスポーツ観戦に際して、大声を上げたり、笑ったりもできず、黙って拍手のみ。


そしてご贔屓の選手や、日本国が勝利したら、街に繰り出し祝杯を挙げることさえできない五輪のどこが「安心安全」なのか。
しかし、テンションが上がれば呼びかけたり、声援を送るのは無意識のうちに出るものだろうに、それさえ禁止で、拍手だけ。


高いチケット購入した人の中には、想像しただけでゲンナリする人もいるのではないか?

五輪を観戦しない国民には、不要不急の外出は控えるようにと言い、五輪を観戦する人達には、声を上げるな、談笑するな、試合が済んだら直行直帰とのガイドラインを作り、ものすごく不自由な五輪を開催する、そこまでして五輪を開催する意味がどこにあるのだろうか。


本当に意味が分からん。
誰も心から喜べない五輪として黒歴史に残るだろう事は確かだが。

「無観客が望ましい」・・・遅すぎた煮え切らない分科会専門家の提言!!&「コロナ収束見通せず」に隅田川花火中止でオリンピックは開催の大笑い!!

 くろねこの短語 2021/6/19

何をいまさらというのが正直なところで、褌締め直せの尾身シェンシェンイら分科会メンバーによる提言は、なんとも煮え切らないものだった。提言を発表したのがカス総理の会見の翌日というタイミングということは、官邸からの指示というか根回しというか、何らかの鉄力があったのは間違いない。

 
で、提言の内容なんだが、「無観客開催は、会場内の感染リスクが最も低いので望ましい」とさ。「望ましい」だよ。つまり、希望的観測を言ってみましたって程度なんだね。専門家の提言なんだから、「感染リスクを避けるためには無観客が絶対」って言わなきゃいかんだろう。

 
本当なら「無観客」云々よりも、「オリンピック中止」って提言しなくちゃいけない。このことについて、尾身シェンシェンイは「当初の提言には、五輪の『開催の有無を含めて検討して下さい』といった文言が含まれていたと明かした」けど、「菅義偉首相がG7で国際的に五輪開催を表明したことで、『意味がなくなった』として、内容を削った」んだってさ。

 
これって裏読みすれば、「カス総理がG7でオリンピック開催って言っちゃったから仕方なかったんだよ。責任はカス総理だからね」って言ってるようなものだろう。尾身シェンシェイの皮肉を込めた「ハチの一刺し」(ロッキード事件なんだけど古いか)ってところか。


政治が「開催」既成事実化 提言に「五輪是非」盛り込めず

【詳報】尾身会長が会見 五輪「開催中止」盛り込まず 菅首相が開催表明で「意味なさず」


しかし、「安心安全な五輪」という念仏をどれだけ唱えようとも、隅田川の花火が中止でオリンピックは開催ってのは、どう考えたって矛盾してるし、論理破綻してるよね。隅田川花火実行委員会の「地元の方や、来場される方の健康と安全確保を第一に考え、中止を決定しました」という言葉を、ぼったくり男爵もゴーマン野郎もカスもセクハラもルーピーも女体盛りも、じっくり噛みしめてみやがれ。


「隅田川花火大会」2年連続の中止 コロナ収束見通せず 東京

Aさん、大変です!

大方の予想通り、実刑判決となりました。法律家の間では、買収の規模(配った金額、配った相手の多さ)からして、判例からすれば実刑だろうと言われてはいた。司法制度は、まだ捨てたものではないようです。

 

ところで、この実刑判決は河井被告本人よりもAさんにとってダメージが大きいかもしれません。河井は当然、控訴するでしょう。第二審では、執行猶予欲しさに事実を全部ぶちまけるかもしれません。

 

「自分や妻は駒に過ぎない、Aから指示された通りに動いただけ」「あるいは、操り人形のようなものです、操っていたのは・・・・」「買収資金となった1億5千万円は自民党本部から振込がありました。Aから、このカネで〇〇しろ、誰々にいくら、某々にいくら包んで渡せと指示されました」

 
「時の最高権力者の命令には逆らえませんでした」
「買収は自分たちの意志でやったわけではありません、Aから指示され、買収資金を提供され、逆らえず、やむなくやりました」

 

当たり前ですが、刑務所というのは相当にひどい所らしい。たまにテレビで受刑者の顔にモザイクをかけ、点呼で整列し、作業に従事している内部の映像が放送されることがありますが、あんなものは表向け。

裏で行われるイジメや嫌がらせ、暴力やケンカは想像を絶するほどのものらしい。殺人犯や性暴行犯、薬物中毒が治らぬ者、そんな連中の楽しみは「新入りイビリ」らしい。
法務大臣までやった河井、そんな実態はある程度は知っているだろう。

刑務所の視察もしたことがあるだろう。実刑だけは、とにかく免れたい。そうすれば、上のような主張をするしかないのではないか。
Aの側としては、それを阻止するべく、復帰後のポストや支援を約束したり、あるいはカネで黙らせようとするかもしれない。

 
しかし、買収や脅迫や餌釣りが最も通じにくい相手、それは実刑だけは免れたいと執行猶予を求める者だ。
少々気の早い話だが、二審が楽しみだ。 

知らぬ間に五輪観客数が上限1万人になり、五輪ファミリー1万人追加も

まる子姫の独り言 2021/6/18

五輪が特権の塊になっている。日本国民にはあれもダメ、これもダメと厳しい話ばかりしつこいほど言ってきたのに、五輪関係者だけはめちゃくちゃ甘くて緩い対応はなんなのか。東京都は緊急事態宣言を解除するそうだが、まん延防止等重点措置に移行しても飲食店の営業時間を午後8時までに短縮する要請は続ける方針だそうで、飲食店にとってはいばらの道が続く。


緊急事態宣言が、蔓延防止等重点措置と言う名前に変わっただけの話で、中身はそれほど変わっているわけではない。
それもこれも国民の為と言うより、何が何でも五輪を開催するために飲食店を締め付けている図だ。


補償をしない所がアベスガ政権の特徴だが、なんでここまで国民に冷酷なのか。飲食業で飯を食っている人たちは、どれだけ国の無能な政策のために我慢を強いられていると思っているのだろう。

メリハリのない緩々の対策のために、いつまでも蛇の生殺し状態が続く。
そのくせ五輪開催の話になると暴走超特急の様相を呈してきた。組織委員会は、少し前までは五輪は無観客で開催と言い、それなら開催もやむを得ないかとの世論を作り上げてき、ここへ来て突如有観客になり、その数もどんどん増えていく。


なんなんだ。この勢いのついた決壊具合は。
急に、有観客1万人が上限と言い出したが、尾身会長曰く、上限1万人は他のイベントの話で、規模が全然違う五輪には当てはまらないと言っているのに、五輪村の面々は勝手に五倫に1万人を当てはめてしまった。


そのうえ、五輪ファミリーが1万人も追加だと。


五輪開会式 上限1万人に加え「別枠」で1万人規模の各国首脳やスポンサー         6/18(金) 5:00配信 日刊スポーツ


>来月23日に国立競技場で行う東京五輪の開会式に観客上限の1万人に加え、別枠で大会関係者を入れる方向で調整していることが17日までに、政府関係者への取材で分かった。

>開閉会式の会場に招待される参加者は国際オリンピック委員会(IOC)委員ら五輪ファミリーに加え、各国首脳や各国際競技連盟(IF)会長、スポンサーやその招待客ら多岐にわたる。関係者によるとその数は1万人規模といい、観客上限の枠に収まらない。


これほど五輪特権が平然と行われようとは。一度決壊したら、あれもOK、これもOKで、国民への締め付けとは全く正反対のことが行われている。
この五輪ファミリー1万人規模は、全員無料招待で、日本にとっては一銭の得にもならないのに、感染危機だけは持ち込んでくる。


私たち国民からしたら、ホントやってられない。
結局、コロナの犠牲になるのは日本国民なのに、日本政府は何が何でも五輪開催をするつもりだし、観客数も気が付いたら増えに増え続けている。


分科会や有識者会議は、政治家の都合の良いように利用されてきた。都合の良い事は聞くが、自分達に都合が悪い数字だと一切聞かない菅政権。
今まで、アベスガ政権の度の過ぎる悪政に慣らされてきたが、今度こそ選挙で鉄槌を下したい。


国民が日本人がメダルを取ったと喜び浮かれていたら、菅政権が大喜びすることを忘れてはいけない。

科学的根拠を一切説明せずに「観客入れてオリンピクやるぞ」宣言して、ワクチン楽観論にご満悦のポンコツ野郎!

 くろねこの短語 2021/6/18

緊急事態宣言解除のカス総理の記者会見は、つまるところ「観客入れてオリンピクやるぞ」宣言ってことだ。そのよりどころとなっているのがワクチン接種なんだが、その科学的根拠は一切説明なしなんだから恐れ入る。

 
そもそも、ワクチンは「重症化を抑制」するのが目的で、ワクチン打ったからってコロナに罹らないわけではない。ところが、まるでワクチンが万能薬のようにメディアが報道するものだから、ワクチンさえ打っちゃえばマスクだって必要ないなんて風潮が蔓延する。

昨日の会見でもカス総理はワクチン楽観論を得意げにのたまっていましたからね。さすがに、横にいた褌締め直すの尾身シェンシェイが「マスクすぐ取るということではなく、しばらくの間は慎重に」とやんわりとたしなめていたのには笑っちまった。とにかく、ワクチンを打たない自由もあることを忘れちゃいけない。


「2度目の緊急事態」越える感染者数でも宣言解除 「観客入り」五輪に突き進む菅政権 

菅首相と尾身会長が会見でさや当て 首相はマスクない日常の実現に期待感 尾身氏は「しばらくは慎重に」とくぎ刺す

 
その尾身シェンシェイら分科会のメンバーが今日にもオリンピックに向けた提言をするそうで、伝え聞くところによると「無観客での開催が最もリスクが低い」なんて主張をするってね。でも、最もリスクが低いのはオリンピック中止することで、いつのまにかオリンピック開催前提で物事が進んでいるのはなんとも腹立たしい。


【独自】五輪へ「尾身提言」、観客入れるなら「通常より厳しい基準を」…無観客が最も低リスク

 
こうなったら、オリンピッグ後に、日本株だか五輪株だかが世界に蔓延して、カス政権が世界の指弾を浴びる日が来るのを期待するしかないのか・・・なんてことを我が家のドラ猫に囁いてみる金曜の朝である。

 
最後に、どうでもいいことだが、アニー山尾君が政界引退表明だとさ。剥げ落ちたメッキは、ついに元には戻らなかったってことか。勝手にしやがれ、ってなもんです。


山尾志桜里氏、任期限りでの政界引退を発表。「『政治家一筋が標準モデル』に何度も違和感」

 山口那津男(5)

こいつも5回目の登場。 

五輪の開催が不安を煽っているはずなのに、中止になると不安を煽るそうだ。感染拡大は不安というより現実だ。開催するより中止した方が、確実に感染拡大防止にはつながるのは間違いない。

 

もはや理屈も理論もへったくれもない。開催ありき。公明党は政権にしがみつくためならどんなウソでも詭弁でも弄する。知性も良識も捨て去った。

 

(お断り:なぜか一度公開停止になってしまいました。表現をやや改めて再度掲載しております。あの程度の表現はこれまでも使ってきたはずなのですが・・・)

 

↑このページのトップヘ