真実の報道神秘

権力の『おかしな政策』におかしいと報道しない日本で、一人でも『おかしい』と声を上げ、真実を追求して行きます。

口減少対策を問われて「究極的には例えば一夫多妻制とか遺伝子的に子供を作りだすとか・・・」(石丸伸二)・・・ここまでイカレてると賞味期限は短いかも!!

 
くろねこの短語 2024/7/15

どんどん化けの皮が剥がれていくほぼほぼカルトの石丸君。今度は、人口減少対策について問われて、こんな珍回答して嗤われてます。
「究極的には例えば一夫多妻制とか遺伝子的に子供を作りだすとかだが、それには300年かかるかもしれないので、それまでは、人口減少のペースを緩やかにして、人口が減っても国際的な地位を失わないようなシステムを作ることが必要」

 
「一夫多妻」って、この男はいつの時代を生きてるんだ。「遺伝子的に子供を作りだす」ってのも、まったく意味不明。
都知事選の150万票で一躍スターダムにのし上がったはずだったのに、しょせんはトリックスターになりそこなった道化ってのがせいぜいのところだろう。

石丸伸二氏が固まり目線下に「あの、なので…」泉房穂氏ブチ切れ、論客らが「政策」に総ツッコみ

 「私をトップに据えてくれるなら、自民党に入ってもいい」なんてことも口走っているようだが、これってかつてそのまんま東が同じようなこと言って総スカンを食らってんだよね。そういう学習もしていないってことなんでしょうね。

都知事選躍進の石丸伸二氏「自民党は限界なのかな」「トップに据えるなら入ってもいい」

賞味期限は思いの他、短いかも。ざまあみろ、ってなもんです。最後に、トランプが銃撃された。自らが蒔いた分断の種の結果とも言えなくはないが、これでアメリカ大統領選は一気にトランプ有利へと動いていくのだろう。ああ、嫌だ嫌だ。

【まだまだあるぞ気になるニュース】

【独自】「死を持って抗議する」兵庫県知事の「パワハラ疑惑」告発 死亡した元幹部職員 『証拠』とみられる「音声データ」など残す「真実を解明してほしい」託された遺族

特定秘密、海自現場と乖離 「漏えい」定義も認識せず 不正常態化、複合的要因

マイナ保険証、厚労省の要求まるで「ノルマ」 利用率50%なんて…私たちが加入する健康保険組合に目標ごり押し

【お知らせ】

これまで「今日の気になるX」で気になるツイートをご紹介してきましたが、今後は「くろねこの短語」の「X」に掲載していきますので、フォローしていただけたら幸いです。
https://twitter.com/Kuronekono28802

 

島根丸山知事「3位に終わっても理不尽なバッシング」聡明な人だ


まる子姫の独り言 2024/7/14

識者というより、日ごろから政権党を支持し野党を揶揄してきたようなコメンティターたちの蓮舫バッシングが止まらない。
政策に関して発するならともかく、蓮舫をもじった様な悪意あるコメントには驚くし、なんでそこまで蓮舫が叩かれなければいけないのかと思っていたが、島根県の丸山知事が冷静に発言をしていて少し安堵した。


>「石丸さんに注目が集まってますけど、注目すべきは蓮舫さん」「3位になって終わっても理不尽なバッシング」島根・丸山知事の都知事選の視点     7/12() 16:32配信 BSS山陰放送


>島根県 丸山達也知事

「けっこう世の中では石丸さんに注目が集まっていますが、私は蓮舫さんにもっと注目すべきだと思っていて、3位になった蓮舫さんが選挙が終わっても、なおこれだけ理不尽なバッシングを受けているというのが一番特徴だと思います。」

>「なぜ女性が勢いよく物事の問題点を力強く指摘するとそういうバッシングを受けるのか、これは本当に日本社会考えないといけない。私は女性への蔑視や差別に近いと思いますよ」


蓮舫も丸山知事の言葉に「救われた」とツイートしていて、表立って愚痴をこぼさないだけで、ものすごく辛かったのだろうなと思いながら記事を書いている。
テレビでは、権力者視点のコメンティターたちの蓮舫への悪口ともいえる発言が止まらない。デーブスペクター


>「蓮舫がテレビ司会者に転身→ヒステリーチャンネル」

>「ソビエト蓮舫」


ネトウヨ的な思考の野口健だって「カミツキガメ」と言っている。
旧そのまんま東は友達でもないのに「蓮ちゃん」と気安く呼び「やっぱり生理的に嫌いな人が多いと思います」とテレビで蓮舫の人格を貶める発言は蓮舫の存在自体が気に入らないのだろう。


地位のある男性議員には決して言えない言葉を女性議員には言いやすいのか、どれだけ侮辱したら気が済むと思っているのか言いたい放題。
こんなことを公に言われたら 立ち直れないほど傷つくのか想像力が働かないのか。


政策面ならともかく、人格否定や、名前をもじっての揶揄は冗談としてもは全く通じない。
恥知らずの男性が多い中、丸山知事の冷静な発言。「蓮は泥より出でて泥に染まらず」を地で行く聡明さには感服した。日本の場合、男性が威勢の良い言葉を言えばもてはやされるが、女性が同じことを発言したら「可愛げがないと」とか「ヒステリー」とか。


やっぱり根っこには男尊女卑があって、女性蔑視や差別が。ヤフコメを見たらすぐにわかる。それを日本の男性が少しでも自覚しない限り、「女性の輝く社会」など来るわけがない。
 

コメ指数先物 需給安定に生かしたい


2024
715 北海道新聞

 
コメ指数先物取引が堂島取引所(大阪)で
8月に始まる。
取引の対象は現物のコメそのものではなく、農林水産省が毎月公表する相対取引価格などをもとにした指数であるため、一般投資家ら多くの参加者と取引量が見込めるという。

 
先物は将来の特定時点に売買する価格をあらかじめ決める取引だ。天候要因などで米価が動くことの影響を低減できる。
市場参加者は最長で1年先の米価を予想して取引する。現物の将来価格の参考値となる役割も期待されている。

 
安定した価格形成には、健全で厚みのある市場づくりが欠かせない。取引の有効な活用を通じ、生産者や流通業者らの経営の下支え、コメ需給の安定に生かしてもらいたい。
例えば生産者が半年先にコメ60キロ当たり2万円で売る先物取引を行ったとする。半年後の現物価格が1万円に下がっても先物決済で1万円を得られ、現物取引の収入減を埋められる。

 
現物価格が
3万円に上がったら先物決済で1万円の損失が出るが、現物取引の収入増で吸収できる。こうしたリスク回避機能が先物の利点の一つだ。
堂島取引所は前身の関西商品取引所時代の2011年から現物受け渡しのあるコメ先物を試験上場していたが、取引量が伸び悩み、23年に終了した。

 
指数先物は大きな取引を比較的少ない元手で行えるため、投機性が高いとされる。
生産者側には、主食のコメが投機の対象となることへの不安もある。試験上場時には価格が乱高下することもあった。取引所側は値幅制限などで対応するとしている。政府も市場の動向を監視し、状況に応じて指導などを行う必要がある。

 
コメ取引は市場を通さない相対が中心で、価格は
JAグループが単位農協を通じて生産者に仮払いする「概算金」が指標になっている。生産動向などを踏まえて算定するため、消費の実勢とのずれも指摘される。
昨年秋にはオンラインの現物取引市場が開設されたが、価格面でのミスマッチなどで取引は低調な状態が続いている。

 
先物と現物の市場が需給に基づいて適切に機能していくことは、コメの価格形成の透明性を高めることにつながろう。それはコメ消費減少のくい止めにも効果的ではないだろうか。
足元ではコメの品薄感が全国的に強まっている。今夏も高めの気温が予想され、価格の先高観が強まる可能性がある。安定的な需給の確保に向けて官民で知恵を絞りたい。 

高松検察審査会が自民・平井元デジタル大臣の裏金事件に「不起訴不当」の議決!!

 
くろねこの短語 2024/7/14

「水に落ちた犬は叩く」かのごとき蓮舫バッシングは、もはや集団いじめのようなもので、これにメディアまで乗っかっての言いたい放題のなんと醜悪なことよ。
選挙が終わった今、追及すべきは学歴詐称疑惑のフリップ小池君の政策そのものだろうに、数々の疑惑も含めてなんともおやさしい対応には開いた口が塞がらない。

権力に対してまったく吠えなくなった「ウオッチドッグ」を嘲笑うかのように、高松検察審査会が自民党の裏金事件にからんで注目すべき議決をした。なんと、政治資金規正法違反容疑で告発され、地検が不起訴としたワニ男・平井君の件について、不起訴不当としたのだ。

 
これで地検は再捜査をすることになるんだが、曰く付きの御仁が検事総長に就任したばかりですからね。果たして、どうなることやら。

平井卓也衆院議員らの「不起訴不当」…政治資金巡り高松検察審

とは言うものの、こうした検察審査会の議決は、今後も続々と出てくる可能性はあるわけで、裏金議員どもはしばらくは枕を高くして寝られないことだろう。

【まだまだあるぞ気になるニュース】

米通報なし、日本は改善求めず 米兵事件、与野党「合意ほご」と批判

リニア水位低下、公になるや一転「調査」 無策の3カ月、JR東海に不信感

日大、不正幹部に刑事告発を検討 重量挙げ部で私的流用

【お知らせ】

これまで「今日の気になるX」で気になるツイートをご紹介してきましたが、今後は「くろねこの短語」の「X」に掲載していきますので、フォローしていただけたら幸いです。
https://twitter.com/Kuronekono28802

 

立憲に強烈な揺さぶりをかける、連合そして国民民主


まる子姫の独り言 2024/7/13

あの能天気な立憲の泉は、この連合そして国民民主の揺さぶりに耐えきれるのか、
いかにして賢い選択をするのか。この人も危なっかしいからなあ。


立民、共産共闘で板挟み 決別迫る連合・国民             
                   7/13() 7:19配信 時事通信


>東京都知事選で立民が支援した蓮舫前参院議員が敗北し、連合や国民民主党は共産との「決別」を改めて要求。ただ、立民内には「共産と手を切れば得をするのは自民党だ」(党幹部)といった声も根強く、泉健太代表は板挟みとなっている。


そりゃそうだ。
共産党と手を切って一番喜ぶのは自民党だ。
しかも、連合芳野も国民民主の玉木も、自民党に秋波を送り続けてきた人物じゃないか。都知事選でも、芳野も玉木もいち早く小池支持を発表している。


前々からこの二人はことあるごとに、共産党と手を切れと口が酸っぱくなるほど言い続けてきた。

それなら都知事選でも蓮舫を支援すると言っていたら二人を信用する気になったが、何のことはない、小池百合子を支持すると言いながら、共産党と決別をしろと言うのは立憲を案じてではなく、自分たち二人の都合じゃないか。


連合が労働貴族と呼ばれようと、一応は労働者のトップなら労働者目線なのかと思っていたら、就任してから一貫して自民党や経団連の方にしか顔が向いていなかった芳野。
玉木も露骨に自民党の方を向いてきた。


特に選挙が近いとなると、この二人は必ず立憲に嘴を挟むが、何度も言うが立憲は芳野や玉木の持ち物じゃないし、そこまで立憲に干渉する必要がどこにあるのか。
しつこいほど言いつのる裏には、自民党に有利になるように立憲を誘導しているのではとの疑惑がどんどん湧いてくる。

 20240712ax08s_p

そもそも連合芳野は自民党や経団連しか見ておらず、連合上げて立憲を応援する気などさらさらないのと違うか?自主投票でお茶を濁すだけの連合の票と、弱小政党の国民民主の票を足して、共産党の票に太刀打ちできるのだろうか。


しかも共産党を敵に回せば共産党はどこの選挙区でも候補者を立ててくるだろう。候補者を一本化できず、野党の票が割れれば割れるほど喜ぶのが組織票のある自民党や公明党じゃないか。特に既得権益を持っている団体ほど、固いきずなで自民党に投票するのではと思う。
野党がバラバラではどんなに弱っている自民党でも勝てるわけがない。泉では何だか心もとないし。 

旧統一教会の念書無効 被害救済に道開く判決だ

世界平和統一家庭連合(旧統一教会)への高額献金の実態を踏まえ、被害の救済に道を開く司法判断である。1億円以上を献金した女性の遺族が賠償を求めた裁判で、教団側の勝訴とした12審の判断を覆す判決を最高裁が出した。審理は高裁に差し戻された。 

教団への献金問題に、最高裁が判断を示すのは初めてだ。焦点となったのは、女性が「賠償請求を一切しない」と教団に約束した念書の存在だ。これを根拠に12審は訴えを退けていた。判決は念書の有効性について、憲法で保障された「裁判を受ける権利」を制約するものであり、慎重に判断すべきだと指摘した。 

女性は当時高齢で、教団の「心理的影響下」にあり、冷静に判断することは困難だったと認定した。そのような状況で作られた念書は「公序良俗に反し、無効」と結論づけた。文案を用意するなど、教団側が念書の作成を主導していた経緯も踏まえれば、当然の判断だ。 

多額の献金をした後、同様の文書を教団側に渡している例は他にも確認されている。今回の判決によって、泣き寝入りを余儀なくされていた人が、救済される可能性が出てきた。最高裁は、宗教団体が献金を求める行為に関し、違法性を判断する際の考え方も示した。 

献金する人の意思が尊重されているか、その人の生活に支障がないかなどを多角的に検討し、社会通念に反していれば違法とする。女性のケースでは、土地を売るなどしてまで献金を続けたことについて「異例」と言及した。差し戻し審では、教団の組織的な関与の有無も争われる。 

旧統一教会への高額献金は、2年前の安倍晋三元首相の銃撃事件で社会問題化し、寄付の行き過ぎた働きかけを規制する「不当寄付勧誘防止法」が制定された。不安をあおるなどして団体が寄付を募ることを禁じ、寄付者の自由な意思を妨げないよう配慮することなどが規定された。 

判決は、この法律の精神に沿ったものでもある。教団は判決の趣旨を重く受け止め、被害者の訴えに耳を傾けなければならない。

情報漏洩、パワハラ、カラ手当、裏金接待・・・海上自衛隊の大スキャンダル発覚も、大臣は給与自主返納、総理大臣はお詫びのコメントだけの能天気!!


くろねこの短語 2024/7/13 

情報漏洩、パワハラ、手当ての不正受給、無銭飲食、川崎重工からの裏金・・・これが国防を担うと豪語する海上自衛隊の実態で、組織ぐるみで腐っているってことだ。これだけの不祥事が民間企業で発覚したら、トップである会長、社長はもちろん、取締役クラスでも辞任するのが社会の常識ってものだろう。

 
その理屈でいけば、防衛大臣の辞任は当たり前。自衛隊の最高指揮監督権を有する内閣総理大臣の首だって、飛んでもおかしくないほどの大事件なのだ。
それが、防衛大臣は大臣給与1カ月分の自主返納。ヘタレ総理に至っては、「国民に心配をかけ、おわびを申し上げなければならない」とコメントするだけで、やり過ごそうとしている。国民は心配なんかしてるんじゃない。怒ってるんだよ。

 
内閣が吹っ飛ぶような大スキャンダルなのに、自衛官の首を切ることで事を収めようとする政治家ってのは、いついかなる時なら自らが先頭に立って責任をとるんでしょうね。
海上自衛隊による「特定秘密」の漏洩は、国際問題にもなりかねないシビアな問題なんだから、いくらなんでも防衛大臣の大臣給与1カ月分自主返納というお気楽さ加減は、世界中の物笑いの種になりますよ。

防衛省、海幕長ら218人を処分 特定秘不正運用やパワハラなど

特定秘密「漏えい」の定義知らなかった…海上自衛隊の認識不足 一方で「秘密保護の仕組みが問題」との声も

【まだまだあるぞ気になるニュース】

「石丸さんに注目が集まってますけど、注目すべきは蓮舫さん」「3位になって終わっても理不尽なバッシング」島根・丸山知事の都知事選の視点

パワハラ疑惑の知事に5回にわたって辞職進言した兵庫県副知事が辞職願…知事は続投の意向表明

元大阪地検検事正を起訴 在任中、部下に性的暴行を加えた罪で

【お知らせ】

これまで「今日の気になるX」で気になるツイートをご紹介してきましたが、今後は「くろねこの短語」の「X」に掲載していきますので、フォローしていただけたら幸いです。
https://twitter.com/Kuronekono28802

 

国民民主榛葉「Rのシール、見るたび嫌な気分に」蓮舫の仕業と決めつけ


まる子姫の独り言 2024/7/12

昨日の記事にも書いたが、国民民主の立憲disりが目に余る。
今更ながら、立憲の誹謗中傷に励んでいた維新の馬場と同程度のレベルと言わざるを得ない榛葉幹事長。
昨日は玉木、今日は榛葉と、本当かどうかわからないレベルの話を平気で公の場で立憲を貶める代表と幹事長。


国民・榛葉幹事長「街中のRのシールを剥がした方がいい」蓮舫氏関与否定も「見るたび嫌な気分に」 7/11() 8:10配信 よろず~ニュース


>国民民主党の榛葉(しんば)賀津也幹事長(57)が10日、国会内での定例会見で、立憲民主党の泉健太代表(49)が同日、自身のX(旧ツイッター)で「立憲民主党をもっとアップデートさせねば」などと投稿したことに触れ「まずは街中に貼ったRのシールはきれいに剥がしたほうがいいね」と述べた。

>立憲民主党が全面的に支援した前参院議員の蓮舫氏(56)の支援者が貼ったとの疑惑があるシールについて、榛葉氏は「そこが最初ですよ。選挙が終わった今でも、ずっと貼ってある。蓮舫さんは関係ないと仰ったでしょ?あれ見るたびに嫌な気分になるよ、みんな」と、不快感を示した。

 2024071111550357yorozuns0001view

嫌な気分になるのは本人の勝手だが、なぜそのRシールを蓮舫陣営が貼ったと決めつけるのだろう。容疑者を犯人だと決めつけているのと一緒。蓮舫の場合、容疑者にもならず「R」のステッカーだけで公党の幹事長から犯人扱いされている。どんな国なんだ?


Rステッカー」 は蓮舫に対して悪意のある人物が公共物に貼りまくることだってできる。
正論を言う蓮舫は「二番では駄目なんですか?」と言うイメージを多くの国民から未だに引きずられているが、蓮舫の負のイメージは想像以上だったと思い知った都知事選だった。


それでも今回の「Rステッカー」は証拠も何も、自分たちが勝手に蓮舫がやったと思いたいだけの話で、寄ってたかって蓮舫をイジメているようにしか見えない。
「男性社会」において男性にすり寄る女性は許せても、社会を少しでも変えようと孤軍奮闘している女性は目障りで仕方がないのか。


メディアも悪意ある記事しか書かない。
そうして、どんどんRシールが蓮舫陣営が貼ったというような妄想の既成事実を積み上げていくという日本的な「村社会」のイジメ。ばかばかしい事に、立憲の議員が、誰が貼ったか分からないRシールをわざわざ剝がしに行ったという「やらかし」


蓮舫は終始一貫して知らないと言っているのに、その行為がいかにも蓮舫側がやったように映る事に気づかないアホ行為。
立憲は難癖・クレーマーにいちいち反応する必要はない。真の権力者には何も言えず、弱っている人間に対してここぞとばかりに難癖をつけ犯人にしてしまえる人たちは一杯いる。匿名性の高いネット社会ではなおさらだ。公党に対してわざわざ会見を開いてまで誹謗中傷する国民民主の幹事長がそれを証明している。 

防衛省大量処分 構造的問題の究明必要


2024
713 北海道新聞

 
防衛省は特定秘密の不適切運用などの不祥事を巡り、懲戒を含め
218人を処分した。
最高幹部計5人を訓戒とするなど、過去最大級で極めて異例の一斉処分となった。対象は特定秘密のほか、内部部局のパワハラや海上自衛隊の潜水手当不正受給、自衛隊施設での不正飲食の4項目という。

 
処分対象ではないが、海自の潜水艦修理契約に絡んだ川崎重工業の裏金捻出問題もある。
なぜこんなに不祥事が相次ぐのか、常識では考えられない規律の乱れだ。しかも国民の安全を守る実力組織の混乱である。何か構造的な要因があるのではないかと疑わざるを得ない。

 
防衛力増強による急速な肥大化が影響していないか。組織に何らかのおごりや緩みが生じているのなら問題の根は深い。
この処分だけで終わる話ではない。背景を含めて徹底的に検証し、国民に明らかにしなければ信頼回復は望めない。防衛省・自衛隊は解体的な出直しが必要だと自覚すべきだ。

 
今回は全く異なる内容の複数の深刻な不祥事の処分がまとめて発表された。内部の調査がどの程度、厳格に中立的に行われたのかも分からない。
しかも通常国会が閉会した後のタイミングである。最も打撃が少ない形の発表を狙ったと勘ぐられても仕方あるまい。

 
木原稔防衛相は「責任を痛感している」として大臣給与
1カ月分を自主返納する考えを示したが、その程度の対応で済まされる話ではないだろう。
特定秘密保護法は、国民の知る権利を侵害する危険があり、当初から必要性が疑問視されていた法律だ。

 
政府は防衛機密などを守るためにはどうしても必要だと訴えて成立を強行したが、それを扱う自衛隊員自体が法を守れないのではあきれて物が言えない。
そもそも国民は何が秘密なのかさえ分からない。秘密指定の範囲が適切なのかの問題もある。これを機に法の廃止を含め根本から議論し直すべきだ。

 
海自と川崎重工業の裏金を介した癒着では潜水艦員に金品や物品が提供されていたという。言語道断の許されない疑惑だ。
裏金分が修理経費などに上乗せされて海自側に過剰請求され、結果的に国民の税金が無駄遣いされてはいないか。

 
政府は防衛費増額の財源を所得税などの増税で賄うとしているが、こんなことでは到底国民の理解は得られない。
まず国会の閉会中審査が必要だ。木原氏の責任問題も含め真相を究明しなければならない。 

連合が「共産切り」を迫るなら、立憲は「芳野切り」で反撃しろ!!


くろねこの短語 2024/7/12 

連合の反共会長・芳野君が、都知事選の結果について、こんなことほざきましたとさ。
(蓮舫氏が)共産党さんからの候補者のように見えてしまっていた。少し共産党が前面に出過ぎていたということで、逃げてしまった票もあったのではないか」

 
まあ、よく言うよ。小池支持でクラリオン蓮舫君を後ろから撃ったのはアンタだろう。これに対して、共産党のとっちゃん坊や・小池君がすかさず反撃。
連合東京は、小池ゆりこ氏を『支持』したのですから、とやかく言われる筋合いはありません」

 
ごもっとも。そもそも、そんなに共産党との共闘が嫌なら、「連合の力で政権交代してみせる」くらいの大風呂敷かまして欲しいものだ。それでこそ、支持母体というものだろう。

連合会長、立・共連携見直しを 「都知事選で票逃げた」

 
共産党を含めた野党共闘が実現しなければ、小選挙区で立憲に勝ち目がないことは、既に数々の選挙結果が物語っている。それなのに、衆議院選では、共産党の支援を受ける候補は応援しない方針なんだとか。

 
こんな連合に対してケツまくることができない希望の党崩れの泉君が代表である限り、立憲は衆議院選ではへたすると大負けしますよ。
ところで、民民のタマキンが、立憲に対して共産党との連携見直しを口にしてるそうだが、これは大きなお世話というもの。他党のことに口はさむ前に、自分の首のことでも心配しやがれ、ってなもんです。

【まだまだあるぞ気になるニュース】

旧統一教会 “教団に返金求めない”念書は無効 最高裁が初判断

黒川氏の定年延長、文書開示へ 大阪地裁判決、国が控訴断念

内部文書漏えいの罪で起訴 元巡査長 初公判で起訴内容認める

【速報】「公正かつ自由な競争を阻害」広告大手「博報堂」に罰金2億円の有罪判決 五輪談合事件で企業側への判決は初 東京地裁

【お知らせ】

これまで「今日の気になるX」で気になるツイートをご紹介してきましたが、今後は「くろねこの短語」の「X」に掲載していきますので、フォローしていただけたら幸いです。
https://twitter.com/Kuronekono28802

 

東国原秀夫

バカを斬る刀!


バカというよりゲス男、蓮舫さんに無用の説教をしたらしい。
中島みゆきの曲を思い出す。「闘う君の唄を 闘わない奴等が笑うだろう」挑戦して敗れた者を蔑むのは簡単だ。 

蓮舫氏「友人でない」東国原英夫氏の「蓮ちゃん」呼びに「え?プライベートで話したこともない」 - 芸能 : 日刊スポーツ (nikkansports.com)

 

東国原氏は8日のTBS系「ゴゴスマ~GOGO!Smile!~」(月~金曜午後1時55分)で、蓮舫氏について「僕は昔から友人」とした上で「今回の敗因は共産党さんを前に出し過ぎたとか、さまざまなこと言われますが。蓮ちゃん、やっぱり生理的に嫌いな人が多いと思います。本当に厳しいこと言いますけど。現場を見てそうでした」などとコメントしていた。

蓮舫氏は9日に「この方は、私の友人ではありません。知ってはいますが」とした上で「スーパージョッキーでたけしさんの側にいた方で。知事になられた時挨拶に行ったことはありますが、ご飯も行ったことがなく、もちろん連絡先も知りません」と説明。「ってか。友人ならなに言わせてもいいのかしら」と胸中をつづっていた。


その後、「友人でもない人に、勝手に『ちゃん』付けで呼ばれて、さぞかし気持ち悪いだろうなー」と指摘する投稿を引用し「え?『ちゃん』付けまでされてるんですか?それはすごいなぁ。プライベートで話したこともない人から」とつづった。

 

蓮舫を「生理的に嫌う」とは、権力の腐敗や横暴を追及することが気に入らないのか。あるいは、小池百合子都政における巨大企業への大量天下りによるズブズブ利権にメスを入れようとしたことか。

 

友人でもないのに、友人呼ばわりして、本人に否定された恥ずかしい奴。このCBCの「ゴゴスマ」という番組、これまでにも取り上げたことがある。卑猥な奴をコメンテーターに卑猥な発言をさせる、腐った番組。

連合芳野「共産が前面に出すぎ票逃げた」さすが勝共連合!イヨッ!(笑)


まる子姫の独り言 2024/7/11

どうでもいいけど、今日は蓮舫へのイジメの件について記事にするつもりだったが、明日の記事に差し替えた。
芳野も言うよねえ。玉木もたいがいな代表だと思って来たが、芳野もまた出しゃばって立憲ディスリ。


弱っている蓮舫にまた追い打ちをけて腐す連合芳野。
一応は立憲の支持母体であるはずの連合の会長が確証も無いのに、ネトウヨと同じくでデマ飛ばしまがいの発言をよく言えたものだ。


「共産が前面に出すぎ票逃げた」連合・芳野会長 蓮舫氏の敗因               7/11() 14:07配信 テレビ朝日系(ANN


>労働組合の中央組織「連合」の芳野会長は、支援する立憲民主党の泉代表と会談し、東京都知事選での蓮舫氏の敗因について「共産党が前面に出過ぎて票が逃げたのではないか」と指摘しました。

>芳野氏は、「一番戦いやすい形は立憲、国民民主、連合が1つの固まりになることだ」と話し、次の衆議院選挙では連合が支援する立憲と国民民主党で選挙区調整を進め、共産党との関係を見直すよう求めました。


この人、何が何でも共産党を沈めて、立憲民主と国民民主をくっつけようとしているが、国民民主が立憲に対してどれだけ悪口を言って来たと思っているのか。
代表である玉木の場合、批判ではなく誹謗中傷の類で、立憲を自分の持ち物と思っているかのように常に立憲に口出しをしてきた。

発言者の芳野と同じことをしてきた人物だ。

しかも選挙の前になると、必ず野党共闘を邪魔をするかのような発言をする芳野、玉木。自民党から何かギフトでも貰っているのじゃないの?(笑)と思うほど、野党分断に精を出してきた。
東京都知事選で言うと、「芳野連合会長」も玉木も小池百合子を支援していたじゃないか。


それも連合は、早々と小池支持に回った。
蓮舫を応援してきて、蓮舫が選挙に負けたというなら少しは話も分かるが、自分たちは小池を応援し、蓮舫が負けるように仕向けておいて「共産党が前面に出過ぎて」と言い出すのはお門違いだ。


言ってみれば蓮舫を後ろから撃っていたのが芳野・玉木。
蓮舫が負けた一番の戦犯は芳野じゃないのか(笑)
しかも、共産党がいなかったら裏金問題だって陽の目を見ることがなかったのに、自民党ではなく共産党を悪の巣窟みたいなイメージ作りに励むのか理解できない。


イメージとは怖いものだ、
確証や証拠もないのに政治家や芳野会長など長年の負のイメージ作りで、未だに共産党を危険視している人が多い。
本来の連合なら国民の税金を私物化して、金の力で政権交代ができなくしてきた自民党を糾弾してもおかしくないのに、裏金を暴いたり、国民の為の政治をしている共産党(赤旗)を悪者扱いするのはいかがなものか


それにしても「反共」が芳野の生きがいなのか知らないが、今までの共産党の国会での質疑と、自民党の質問にまともに答えず国民を小馬鹿にした答弁を比べてみろと言いたい。
どちらがこの国を壊してきたかすぐにわかる。連合芳野会長もその一味だろうけど(笑) 

請法違反 業界挙げて悪弊根絶を


2024
712 北海道新聞

 
自動車部品の大量生産に必要な金型を下請け業者に無償で長期保管させたとして、トヨタ自動車子会社が公正取引委員会から下請法違反で勧告を受けた。
対象となる下請けは49社に上り、被害額は数千万円に及ぶとみられる。大手が自らのコスト削減のため負担を肩代わりさせる実態は、まさに「下請けいじめ」と言わざるを得ない。

 
下請法違反を巡っては、日産自動車が中小取引先への支払代金を一方的に減額した疑いで、同様に勧告を受けている。
自動車大手は円安で輸出が伸びて軒並み好決算となり、春闘は大幅な賃上げで妥結した。一方で中小企業は物価高に苦しみ、経営は厳しさが増す。これでは格差が広がるばかりだ。

 
大手自らうみを出し切る調査を進め、業界内のあしき慣行を改めねば根本的解決は程遠い。
勧告を受けたのは車体の外装用部品の開発・販売を手がける「トヨタカスタマイジング&ディベロップメント」だ。

 
少なくとも
2年前から、新たな発注予定がないのに使用済みの金型や検査用器具など664個を保管させていた。30年近く続いた例もあるとみられる。
自動車の金型の重さは数トン単位に及ぶものもあり、保管費用はかさむ。

 
製造業では量産後も修理などに備え、金型を保管・点検する必要がある。本来は自らが負担すべきだが無償で下請けに押しつける商慣習が横行していた。
このため国も5年前にルールを定め是正を促したが、コスト増を嫌う発注元の意識改革が進まず、バルブやモーターなど各社で違反勧告が相次いでいる。

 
岸田文雄政権は「物価と賃金の好循環」を掲げるが、これでは下請け企業の大幅賃上げなどおぼつかない。人材難で経営危機に陥れば、大手は部品調達網を失いかねず自らの首を絞めることとなろう。

 
勧告を受け日本商工会議所の小林健会頭は「元請けと下請けの対話を活発化し再発を防いでほしい」と述べた。経済界全体で、下請けを買いたたき利益を上げるという従来のデフレ思考からの脱却策を示すべきだ。

 
下請け側も声を上げ、公取委は監視を強めてもらいたい。
今回の勧告では検品もせずに「部品に傷がある」などとして下請け65社に不当に返品した事実も発覚した。被害額は計5千万円を超えるという。

 
トヨタは
3月期のグループ連結決算で営業利益が日本企業で初の5兆円台に達した。社会的責任は大きく、率先し全社挙げて不正を断つ必要がある。
 

内部告発した部下を「嘘八百」と罵って死に追い込んだのに、「生まれ変わって責任果たす」と居直る兵庫県知事の鉄面皮!


くろねこの短語 2024/7/11

知事や市長といった自治体の首長の質がかなり劣化してきているのは、東京や大阪を見れば一目瞭然。そんなトンデモ首長に仲間入りしたのが、兵庫県の斎藤元彦知事(維新と自民推薦)だ。

 
この御仁は、パワハラを告発した県民局長を「嘘八百」と罵ったあげくに懲戒処分を科したんだね。ところが、その内部告発はどうやら事実だったことが発覚して、百条委員会が開かれるまでになった。

 
そんな流れの中で、維新議員が茶々を入れてきて、それが理由かどうかはさだかではないものの、内部告発した元県民局長が自死してしまったのが現在の状況だ。
こうした混乱を招いた張本人である知事が記者会見をしたんだが、元県民局長の死を前にして辞任するどころか、「私自身が生まれ変わって、県職員や県民とともによい県政を進めていく環境づくりに全力で取り組んでいくことが、私に課せられた果たすべき役割だと考えている」とシレっと居直る始末だ。

「辞職せずに職務を全うすることが責任を果たすこと」でスキャンダルをやり過ごす手法はペテン師・シンゾーの特技だったんだが、いまや政治家の常套手段なっちまったようだ。

“知事にパワハラ疑い”文書問題 兵庫 斎藤知事辞職しない考え

斎藤知事のパワハラを告発した兵庫県元幹部が死亡 百条委員会出席で紛糾していたプライバシー問題

 
鹿児島県警の例もあるように、職務違反として内部告発者を処分するってのは、いわば「言論弾圧」にも等しい行為なんだね。
そのあげくに自死を招いた兵庫県知事の責任は果てしなく重い。「適切に対応してきた。県政立て直しが責任の果たし方」なんて遺族の前で言えるものなら言ってみやがれ。


“パワハラ疑惑”兵庫県知事が会見 辞職要求に「生まれ変わって責任果たす」【スーパーJチャンネル】(2024710)

【まだまだあるぞ気になるニュース】

NHK「2位はドコなんですか?」見出しに批判相次ぐ 蓮舫氏揶揄との指摘...タイトルは修正

石丸前市長「切り抜き動画」削除要請検討も 安芸高田市の藤本新市長

川崎重工の裏金、十数億円と報告 自民「由々しき問題」

「怪しいと言わざるを得ない」小池百合子都知事の実兄が7.5億円「中東投資トラブル」動画《実兄は取材に「100%動くと信じてやってる」》

【お知らせ】

これまで「今日の気になるX」で気になるツイートをご紹介してきましたが、今後は「くろねこの短語」の「X」に掲載していきますので、フォローしていただけたら幸いです。
https://twitter.com/Kuronekono28802

 

↑このページのトップヘ