真実の報道神秘

権力の『おかしな政策』におかしいと報道しない日本で、一人でも『おかしい』と声を上げ、真実を追求して行きます。

「コロナが収束した後に、より良い仕組みとなるよう法改正を検討していく」(安倍晋三)・・・長崎で「やる気ゼロ」のペテン総理記者会見!!&「コロナにイソジン」の吉村大阪府知事に大阪府歯科保険医協会が抗議文!!

 くろねこの短語 2020/8/10

予想されていたこととはいえ、ここまで露骨だと、「舐めてんのか」と悪態のひとつもつきたくなろうというものだ。何かって、広島と長崎の平和祈念式典での初老の小学生・ペテン総理の挨拶のことだ。なんと、今年もまた地名以外はほぼ同じ文面のコピペだったってね。

 
スピーチライターに文章力がないってこともあるんだろうけど、ようするにペテン総理にとっては原爆もただのルーティンってことを意味してるってことだ。そんなんだから記者会見も性懲りもなくやらせの質疑応答になっちまうんだね。ところが、なんと長崎での記者会見ではカンペがカメラに捉えられちゃって、そんな予定調和の記者会見に手を貸しちまうメディアにも批判の目が向けられる始末だ。


安倍首相の被爆75周年あいさつ、広島と長崎で“ほぼ同じ”だった。過去の例も調べてみると...

 
で、その記者会見なんだが、ペテン総理のやる気のなさはハンパじゃありません。その白眉が特措法についてのこの発言だ。「事態が収束した後に、より良い仕組みとなるよう検討していく」

 
バッカじゃなかろか。コロナ対策に有効な「より良い仕組み」とするために緊急で法改正が必要なのに、「事態が収束した後に」なんて悠長なこと言ってる場合か。家が燃えてるのに、効果的な消火法は家が燃え尽きてから考えよう、って言ってるようなもんなんだね。

 
ようするに、特措法改正するには国会開かなくちゃいけないから、こんな馬鹿丸出しの発言しちゃうのだろう。コロナで青息吐息の飲食店のことなんか頭の隅にもありはしません。そんなに国会が嫌なら、もう辞めなはれ。コロナ対策の最善の一手は内閣総辞職、これだろう。そうすれば、「コロナにイソジン」なんてアホ抜かすどこぞの知事みたいなのもいなくなるんじゃないのか。


安倍首相、緊急事態宣言回避に全力 「4月発令時の影響甚大」

首相記者会見、2問で終了 複数の追加質問受け付けず


安倍総理 記者会見 2020年8月9日(日)

そのイソジン吉村君に大阪府歯科保険医協会が「知事の不用意な発言は、医療現場と府民に混乱をもたらし、治療にも支障をきたしている」と抗議文を突き付けたってね。うがい薬のメーカーの株が上がって、インサイダー取引の疑いもあるようで、口は禍の元とはよく言ったものだ。


「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

“うがい薬発言”で殺到した客や問い合わせ。ドラッグストア店長の苦悩「満身創痍な状態が続いている」

沖縄の玉城知事は政府、大学にPCR検査拡大をお願いすべきだ。

かっちの言い分2020年08月09日

政府推進コロナ感染キャンペーンで被害を最大に受けているのが沖縄である。マスコミの旅行者のインタビューを見ていると親やおじいちゃんの家に帰る帰省者が多いが、沖縄の場合はGOTOキャンペーンを利用した旅行者が多い。

今、沖縄は大変なことになっている。感染者は100人を超えている。東京と較べ人口比で言えば1000人を超えている。この感染拡大は、一つは米軍基地内にエピセンターがあるのでないかと思っている。将校クラスは基地外に住宅を持ち、一般商店街にも買い物に出かける。

しかし、この米軍関係者、家族はブラックボックスである。もう一つが米軍人を対象とする飲食街がある。ここも新宿、池袋と同じようにエピセンター化しているのではないかと思っている。

他に政府が動かしている政府公認コロナ拡大キャンペーンが原因している。感染症の立場から言うと、政府がどんな屁理屈を言っても人が動くとコロナは人と一緒に移動する。政府の代弁者の田崎がGOTOの場合は、ホテルや旅館は十分注意しているので大丈夫と言う。しかし旅行者は別にホテル、旅館から一歩も出ないことはない。

当然交通、小売店、食堂、観光地など動き回る。その際、ウイルスは移動し感染の確率は増す。実際に離島での感染は明らかに本土の旅行者が持ち込んだものである。菅、二階が最も推進したという。全て業界からの強烈な圧力である。

沖縄の知事は玉城氏である。玉城氏は東大の児玉教授に相談した方がいいのではないか?児玉教授は、報道1930で聞いていると実に前向きな人である。自分自身も検体を採取に動き回っている。コロナウイルスを抑え込むには、メカニズムを知らなければならないと述べている。これぞ科学者である。竹やりで気合で飛行機を落とせなど言わない。今回の世田谷区でもエピセンターがどこかサンプリングして調べているようだ。

走りながら課題を解いていくと言っている。如何にも科学者、研究者である。PCR検査の全自動化装置は、メーカーからデモで借りているという。玉城知事も児玉先生にアクセスして聴いてみるべきだ。それをやるだけでも、マスコミに取り上げられ、協力者が得られかもしれない。

なぜ、こんな記事を書いたかというと、以下の記事のように沖縄はもうPCR検査能力が無くて、濃厚接触者も全員検査出来なくなっていると書かれているからだ。濃厚接触者でも症状が出た人が優先という。こんな状態がわかっていながら政府の専門委員会は何も動きがない。菅が政府に逆らう沖縄を怒ったように、高見の見物をしているとしか思えない。本当に怒りを覚える。玉城知事は、政府に助けてと声を大にして上げるべきなのだ。それは決して恥ずかしくないことだ。政府に助けてと言えばいいのだ。


PCR対象者を「濃厚接触で症状あり」に限定 沖縄県、検査体制逼迫で
https://mainichi.jp/articles/20200808/k00/00m/040/184000c

全国最多のペースで新型コロナウイルスの感染者が急増している沖縄県は、感染者が出た場合のPCR検査の対象者を原則、濃厚接触者のうち発熱などの症状が出ている人に限定することにした。これまでは政府の指針に沿って、症状の有無に関係なく濃厚接触者全員を検査してきたが、検査数の増加で医療機関に支障が出る恐れが生じている。
 
直近1週間の人口10万人あたりの新規感染者数は33・56人(7日時点)で全国最多。沖縄県は7月31日、独自の「緊急事態宣言」を出したが、感染者数は8月7日に過去最多の100人、8日も84人と高止まりしている。また、政府の有識者会議が7日に公表した、流行状況を4段階に分けて判断する際の6項目の指標では、人口10万人あたりの療養者数▽直近1週間の陽性者数▽直近1週間と前の週の陽性者数の比較――の3項目で「感染爆発」のステージ4に達している。
 
厚生労働省は5月29日、各都道府県などに濃厚接触者は無症状の人も含め全員をPCR検査の対象とするよう伝えた。沖縄県も指針に従ってきたが、感染者の急増に伴い「医療機関で検体の採取や報告の作業が増し、検査機関も体制が逼迫(ひっぱく)している」(県保健医療部)という。このため、濃厚接触者のうち症状がない人は、重症化しやすいとされる65歳以上の人や基礎疾患のある人、医療従事者らを除いて、PCR検査の対象としないことにした。
 
玉城(たまき)デニー知事は7日の記者会見で「重症者をしっかりケアできる体制を維持することが何より大切。必要な方へ確実に医療を届けるための緊急的措置だ」と理解を求めた。

菅の会見を仕切る上村室長が異動、いずれ栄転か?今日の安倍会見2問で終わり

まる子姫の独り言 2020/8/9

菅官房長官の、会見と言うのもおこがましい支離滅裂で記者の質問に答えない会見を仕切ってきた、上村官邸報道室長が異動になった。


>上村官邸報道室長が異動 菅官房長官の「防波堤」3年
                7/31(金) 18:56配信 時事通信


>菅義偉官房長官の記者会見を仕切ってきた首相官邸の上村秀紀報道室長が異動となり、31日午後の定例会見が「最後の出番」となった。

>食い下がる記者に「質問は簡潔に」と繰り返し求めるなど、スムーズな進行を最優先する姿勢は「質問妨害」と批判されたことも。3年に及んだ在任中、菅長官の「防波堤」(政府関係者)に徹した。

上村報道室長の会見への姿勢は、はっきり言って望月記者への敵意がはっきり見て取れた。

多分、他の記者は突っ込んだ質問をしないので見過ごしてきたのだろうが、望月記者への質問妨害は度が過ぎていた。それほど政府にとっては答えたくない質問だったのだろうと推察するが、核心を突くのが真の記者の質問じゃないか。


政府の会見にしても、この国の記者の質問は生ぬるすぎて、私たちの知りたいことが質問されない。政府の逆鱗に触れたくないのか、事前に質問を提出して、チェックを受けた末に質問者が決まる。それが慣例になってきた。


今日の安倍首相、8月6日の広島の原爆の日の会見にもまして酷かった。司会者によると地元記者、総理同行記者団、代表1名がわずか1問ずつしか質問できず、一問一答。計二問。

質問内容も例のように事前に通告済みで、安倍は官僚に書かせた原稿を読み上げるだけ。やけに長々と原稿を読み上げていると思ったら、それが二問の中の一答だった。そうこうしているうちに、二問を答えただけでさっさと席を立つ。

追加質問もへったくれもない。こんな手っ取り早い一問一答は見たことない。あちゃ~、これ手抜きじゃないの?ますますヤル気が無くなったのか。さて、上村室長の、望月記者への質問妨害は何度聞いても酷いと感じさせる。

わたしがそう書いても、何の事だろうと思う方がいるかもしれないから、今日は、勝手に尾張 | おっぺけぺー@toubennbenn さんの動画を拝借して(勝手に使用してごめんなさい)、上村官邸報道室長とはどういう人物なのか紹介したい。


官房長官の会見で「いずれにしろ」を連発してと、何一つ答えない、官房長官。なにを答えたと言うより、「いずれにしろ」しか印象に残らない。そして、この会見を仕切るのは上村室長で、望月記者が質問すると途中で、合いの手まがいの茶々を入れっぱなしだ。質問をさせないように妨害しっぱなしだ。


「質問は簡潔におねがいしま~す」最後は「ハイありがとうございました」とやけにはっきり言う上村報道室長。鬱陶しい奴の質問が終わった、終わったと思ったんだろうか。ようやく、政府を追及する記者の質問妨害のパイオニア上村が、移動になったが、この人も論功行賞で、栄転するのだろうか。


今まで安倍政権に協力して国会答弁を捻じ曲げたり、公文書を改ざんした人物たちはことごとく栄転している。しかし、安倍政権が永遠に続くのならともかく、瓦解した後もその威光は続くのだろうか。論功行賞で出世した官僚たちは、政権亡き後、どうなるのだろう。

「桜を見る会」招待者名簿の整理番号「60」は首相枠だった!! マルチ商法会長を招待したのはペテン総理で決まり!?

 くろねこの短語 2020/8/9

長崎原爆の日。「黒い雨」裁判で、国は控訴するのだろうか。それはさておき、コロナ・パニックであまり注目を集めなかったんだが、桜を見る会前夜祭のパーティにまつわる公職選挙法違反の疑いで、全国の法曹関係者279人が初老の小学生・ペテン総理などを告発した。これは5月の告発に続く第2弾で、ペテン総理一味を逃がしてたまるかという法曹界からの強いメッセージでもある。


桜を見る会告発状279人分提出

 
そんな中、桜を見る会の招待者名簿の整理番号「60」が首相枠だったことが、国立公文書館の招待者名簿公示で明らかになったってね。公示された名簿は小泉政権時代のものとはいえ、おそらく「60」が首相枠ってことが慣例になっていたことは容易に想像がつく。

 
てことは、サクラ疑惑で問題になったマルチ商法「ジャパンライフ」の会長への招待状の整理番号「60」は、やっぱりペテン総理の招待枠だったてことになるんだね。サクラ疑惑の渦中では、「60」の整理番号は「1回限り」って言い訳してたけど、それも嘘だったってことになるんじゃないの。


「60」は首相の推薦者 桜を見る会、招待者名簿を初開示 06年開催

 
こうなると、ペテン総理は臨時国会からますます逃げ回ることになるに違いない。野党は臨時国会召集要請を拒否されたことで腰砕けになるんじゃなくて、いまこそ「憲法違反」として断固糾弾すべきなんだよね。ああ、それなのに、メディアには「野党反発」と舐めた報道されちゃう始末だ。それもこれも、どうあっても臨時国会召集させるぞって迫力に欠けているからなのだ。

 
週刊ポストが「安倍首相を引きずりおろす『最終手段』!『落選運動2020』を始めよう」という特集記事を組んでいるけど、それにならって「憲法違反」を旗印にした「臨時国会召集国民運動」くらいの気迫をもって情報発信していかないと野党はその存在意義すらなくなることになりまっせ。


【週刊ポスト】安倍首相を引きずりおろす「最終手段」!「落選運動2020」を始めよう

「 自民党各派幹部が会合、安倍首相を激励」最早自民党が国を駄目にしている

まる子姫の独り言 2020/8/8

酷いもんだよ、自民党。国民よ早く眼を覚ませと言いたい。あれだけ無知無能で、国民の命と安全・安心を軽視している安倍首相なのに、自民党の各派閥の幹部は安倍首相を激励しているんだと。どこまで自分勝手な党か、どこまで自己中心的な党なのか。


自民党各派幹部が会合、安倍首相を激励                  
8/6(木) 7:42配信 TBS系(JNN)


> 自民党各派の幹部が5日夜、会合を開き、内閣支持率が低下する中、一致団結して安倍総理を支えていくことを確認しました。

>自民党の各派閥の事務総長は5日夜、都内で会合を開き、参加者全員が電話ごしに安倍総理を激励するなどして党の結束を確認しました。


本当に止めてくれ。どうしてこの人達は、半年たってもコロナ対策がちぐはぐでアクセルを吹かしたりブレーキを踏んだりする人を激励しなければいけないのか。しかも国民の命を軽視するあまり、不安や不満に陥ることを平気でする安倍首相を一致団結して支えなければいけないのか。


自民党派閥幹部と、私達一般国民との間には、ものすごいギャップがある。国民に対して、寄り添う事もなく口先だけでごまかしきる人間のどこが、それほどこの人でなければ駄目だと思えるのか。いつも思う事だが、誰のための国会議員なのか。

国民の苦しむ姿を本当に知っているのだろうか。自民党を支持してきた人たちのために、この国は苦しんでいる。どうしてこんな心無い党を支持できるのか。国民がバカと言えばバカなんだが、未だに権威主義がはびこり、同調圧力の強い国民性。


どれだけ国民が権力者に苦しめられても、権力者を非難・批判する事もなく、自分より下と思える人間を標的にして虐めにかかる。誰がどこで感染するか分からないコロナに対しても、まるでかかった人が悪いかのような、今の風潮はとても危険だし情が感じられない。

国民を守るための対策を怠った国に一番に怒らなければいけないのに、どうして運が悪く陽性になった人を犯罪者のように扱えるのか。近隣の心無い目に耐えかねて自殺した人までいると言う。コロナに感染するのは、もはや、運不運のレベルだと思うくらい、毎日感染者が増え続けている。


「自民党しか政権を担えない」と言う幻想が安倍政権を作り上げ、8年もの間、政治や社会を壊し続けて来た。その元を作ったのが安倍政権で、その安倍首相を自民党幹部は支えるのだと。電話で奨励したのだと。こんなことをするから、安倍首相が調子付いて、ますます政権の座に居座る気持ちになるのではと思う。

どうして、内部から安倍政権に任せて置いたら、国が崩壊し、国民が苦しむと思えないのか。進言する人が出てこないのか。未だに猫に鈴をつける人間が出てこないのが、不思議で仕方がない。それほど、今の自民党は壊れてしまっていると言う事か。苦しみにあえいでいる国民はどうしたらよいのだろうか。

「自立した1人暮らし」「同居者に喫煙者がいない」・・・厚労省による自宅療養の要件緩和があまりにも非現実的で、これは何かのギャグか!?

 くろねこの短語 2020/8/8

コロナ感染者の自宅療養については、それがいかに無謀なことかさんざん指摘してきたんだが、なんと厚労省が自宅療養の要件を緩和したってね。


新型コロナ 自宅療養を認める基準を公表 厚生労働省

 
何度も言うけど、新型コロナウイルスは感染症指定されいるわけで、自宅療養という選択肢はあってはならないことなのだ。それなのにそのための要件を緩和するって、バッカじゃないの。しかも、自宅療養が可能な条件ってのが、なんとも現実離れしたもので呆れちまう。


「独居で自立」も自宅療養対象に 感染拡大で要件を緩和

Photo_20200808082401


でもって、注釈として、「外出せずに自宅療養に専念してもらうため、食事の配達や医療専門職による健康管理が必要」となっているんだね。これって、自宅療養の域を超えて、もはやプライベーな医療施設なんじゃないか。

 
NHKの報道では、「軽症患者や無症状の人は原則宿泊施設で療養することになっていますが、希望する人が多い自宅での療養」って言ってるけど、実際は軽症患者や無症状の人のための医療体制がまったく整備されていないことを物語っている。でなけりゃ、家庭内感染が拡大している現状で、自宅療養なんて最も危険な選択をできるわけがない。


コロナ軽症者の受け皿整わず 自宅療養、2週間で3.8倍

 
全国の自宅療養者は、感染者全体の4割に達しようとしているそうだから、もっと真剣にこの課題に取り組まないと大変なことになりますよ。

 


今日報道1930で国会において答弁して有名になった、世田谷区のコロナ検査に乗り出した東大の児玉教授が登場した。教授の話では、今第2波として日本に蔓延してコロナは、武漢型、ヨーロッパ型とも違う。日本の中で新たに進化したウイルスだと述べた。

特に、東京由来、もっと言えば新宿由来のウイルスと述べている。第1波が過ぎて感染数が低下した時期、新宿地域で根付いてエピセンター化したウイルスであると述べた。無症状の人の移動ともに全国に広がった。まず横浜、新幹線で愛知、大阪、飛行機で福岡、沖縄に広がった。

このウイルスの対策は、まずは感染のメカニズムを知る必要があると強調した。その感染のモードを掴む必要がある。単に感染者数を毎日報道しても感染は収まらない。東京、神奈川、名古屋、大阪、福岡、沖縄のエピセンターを潰さなければならない。そうしないと、感染無症状者が動き回れば感染のピークは繰り返す。

今の専門分科会は、ウイルスメカニズムを理解していない。数字に振り回されていると述べた。その意味で今の専門家たちは用を達していないと言い切った。

児玉教授は自らデータを取りに現場に出向いて検体を取り に行っている。病院で単に見ていてもメカニズムはわからない。感染数の指標に振り回わされてダメだ。現場に出向いて、走りながら考えなければならない。ダメな理由を100言い訳するリーダーより、1やるリーダーが必要であると述べた。

児玉教授の各論の感染数ばかりに振り回されずにウイルスの拡散メカニズムを考えなければならないと述べた話は、昨日この番組に出演した歴史学者の保坂氏の話に通じる。保坂氏は、政府のリーダーは大局を判断し指針を述べることがまず大事と述べている。

児玉教授は、保坂区長の下で、大学の自動感染テスト装置を導入し、数千件のオーダーで検査数をこなすと述べた。政府、都に言っても検査は進まない。世田谷モデルを成功させ、地方から国を動かして欲しい。

↑このページのトップヘ